アベノミクス相場、どこまで賭け続けるべき?

「この道しかない」?安倍首相の基盤はもろい

磐石のように見える安倍首相。だがマーケットから見ると、意外にもろい面も。どこがもろいのだろうか(経済団体の新年会で、写真:ロイター/アフロ)

安倍首相が、経済再生には「この道しかない」と高らかに叫んだ昨年の総選挙。ご存じの通り連立与党が大勝したが、はっきり言って印象の薄い選挙だった。筆者は、数日後には、総選挙があったことをほとんど忘れていた。読者もそうではなかったか。

「この道しかない」がよぎって、有馬で賭けたが・・

一方、中山競馬場では、総選挙から2週間後の12月28日に、例年と比較しても豪華なメンバーで有馬記念が行われた。「東洋経済オンライン」のプレミアムイベント(12月22日)にいらっしゃった方には発表したが、筆者は、ジャスタウェイの勝利に賭けた。ジャスタウェイ。「『この道しかない』、がテーマで勝てるなら、ジャスタウェイだ!」とも少しだけ思ったが、総合的に見てメンバーの中で一番強いと思った。投資で言うなら、ファンダメンタルズを買った。

レースは出だしの1000メートルが1分3秒位の超スローとなったが、福永騎手騎乗のジャスタウェイは後方3、4番手に位置を取った。最後の4コーナーに向かって押し上げて行くも、インを突いて馬ごみをさばくリスクは取らず、大外を回して追い込んで、いい脚を見せたが惜しい4着だった(直線があと100メートルあれば勝っていたろうが、中山競馬場にそれはないのだ)。

あとでレースビデオを何度か見たが、見る度にジャスタウェイが一番強い競馬をしたと思う。馬券は外したが、自分の見解は間違っていなかった、というような、虚しい納得感が残った。

次ページなぜ「この道しかない」はずが、結果が出なかったのか
人気記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。