プーチン大統領が自国の新車に試乗したワケ

「ラーダ・ベスタ」を自らアピール

ロシアのプーチン大統領は10月22日、ソチを訪問して新しく生産された「ラーダ・ベスタ」のハンドルを握った。その乗り心地の良さをアピールすることで、国内自動車産業の評判を高める機会を提供したのだ。

ロシアの自動車産業は、過去10年間で10%を超える、売り上げ増を記録している。ただしウクライナ危機の間、西洋諸国の制裁による大打撃を受けた。 

プーチン大統領は「この車への評決は何ですか」との質問に対し、評決は法廷で下されるものと答えた。「今は危機ではない。ルーブルに対する他の通貨の為替相場は、ロシアの産業にとって決定的に有利。メーカーは疑うことなく、この好機を用いるべきだ。それは国内市場での基盤を立て直すだけでなく、国際市場へと進んでいくことをも意味している」。

統計は、プーチンの言葉通りだ。先月、「the Association of European Businesses」は、ロシアにおける自動車販売台数を従来予想より上方修正し、2015年に170万台になると予想した。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT