プーチン大統領が自国の新車に試乗したワケ

「ラーダ・ベスタ」を自らアピール

ロシアのプーチン大統領は10月22日、ソチを訪問して新しく生産された「ラーダ・ベスタ」のハンドルを握った。その乗り心地の良さをアピールすることで、国内自動車産業の評判を高める機会を提供したのだ。

ロシアの自動車産業は、過去10年間で10%を超える、売り上げ増を記録している。ただしウクライナ危機の間、西洋諸国の制裁による大打撃を受けた。 

プーチン大統領は「この車への評決は何ですか」との質問に対し、評決は法廷で下されるものと答えた。「今は危機ではない。ルーブルに対する他の通貨の為替相場は、ロシアの産業にとって決定的に有利。メーカーは疑うことなく、この好機を用いるべきだ。それは国内市場での基盤を立て直すだけでなく、国際市場へと進んでいくことをも意味している」。

統計は、プーチンの言葉通りだ。先月、「the Association of European Businesses」は、ロシアにおける自動車販売台数を従来予想より上方修正し、2015年に170万台になると予想した。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT