慰安婦問題の「早期解決」は、なぜ困難なのか

はっぱをかけるだけでは物事は進まない

11月2日、訪韓中の安倍晋三首相は午前、朴槿恵大統領と就任後初めての首脳会談を行った(2015年 ロイター/Yonhap)

日韓首脳会談が11月2日、開催された。2012年5月以来、3年半ぶりで安倍晋三首相と朴槿恵大統領による正式な首脳会談は初めてだ。今回の首脳会談により日韓両国は関係改善に向けて一歩どころか、二歩踏み出したと評価できる。

会談が予定時間を大幅に超過して約1時間40分となったのは慰安婦問題に関する話し合いが長引いたからであり、日韓の事務方が事前に想定していたよりも突っ込んだやりとりになったことがうかがわれる。

慰安婦問題については、安倍首相が会談後、記者団に「早期の妥結をめざして交渉を加速させていくことで一致した」と語った。長らくもめてきたこの問題についても話し合いが煮詰まりつつあるという印象があるが、はたしてシナリオ通りに事が運ぶのだろうか。

合意にまで到達することは容易ではない

「早期の解決」については、朴槿恵大統領が「年内妥結」を求めたのに対し、日本側では期限を切ることは困難と判断し、最終的に安倍首相が今年の国交正常化50周年と「問題の早期妥結」を並べて強調することで合意したと報道されており、両首脳が努力した結果の文言だったようだ。

しかし、今後、両首脳が「早期解決」を達成せよと事務方を督促しても合意にまで到達することは容易でない。

次ページなぜ合意が難しいのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT