「心配性」が仕事における最大のムダである

トヨタの人はどんどん「捨てている」

心配性が仕事における最大のムダ?(写真:liza5450 / PIXTA)
仕事ができる人、早い人には「段取りがいい」という共通点があります。前回記事に続き、トヨタが考える「7つのムダ」についてご紹介しつつ、それらを取り除くトヨタ流のすごい段取りについて『トヨタの段取り』(KADOKAWA)よりご紹介します。

 

前回の記事では、「ぼー」「そわそわ」と待つ時間(「手待ちのムダ」)、また仕事のやり直し(「不良・手直しのムダ」)はトヨタ流のやり方でなくせることをお伝えしました。

今回も2つのムダについてお伝えしますが、その前に、いつものようにチェックリストからやってみましょう。

☑前任者から引き継いだ仕事で、目的がわからないものがいくつかある。
☑納期遅れが心配なので、仕事は極力早く着手する。
☑受信トレーはメールだらけ。何回スクロールしても、不要なメールが続いてげんなり。
☑「思い出の物」はずっととっておきたい。これだけは別腹!
☑持ち物を最低限にしようにも、最適な量がわからない。

「手抜きができない心配症」が最大のムダ!

突然ですが、昨日皆さんがやっていた仕事すべてについて、その目的を明確に答えることはできますか。あるいは、至急で重要な仕事が入ってきた場合でも、そのタイミングで急ぎの仕事をしたでしょうか。もしこの2つの質問への答えが「No」だとしたら、「作りすぎのムダ」が生まれている可能性があります。

「作りすぎのムダ」とは、必要以上の量を作ってしまったり、必要なタイミングよりも早く作ったりすることです。「手抜きができない心配症」というイメージです。

製造現場ではほかのムダを生む原因となる、最も根源的で、最大のムダとも言われています。なぜそれほどまでに問題視されるのか、具体的な事例で考えてみましょう。

次ページなぜ問題視されているのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT