成功する人は、自分のやる気を頼りにしない

あのバフェットも「仕組み」で成功した

目的を果たせるだけのお金はやっぱり払ったほうがいいのです。目的が達成できなければゼロです。

成功者の“1回で終わる仕組み”とは

なお、どうしても続かない人へ。

最後にもうひとつ、バフェットの仕組みを紹介しましょう。

それは、1回で終わらせる方法を考えること。「エフェメラライゼーション」というものですが、1回やったらあとは自動的に続くような仕組みや、1回で済む仕組みを見つけることです。

特に事業をつくるのがうまい人は、1回システムを作って、後は自動的に回すのが得意です。たとえば、セミナー講師でも、毎回自分が講師をするのではなくて、セミナーの内容をDVDにして利益を得ることを考えたり、何らかのシステムを作ったら、後はアップデートするだけで利益を得ている企業もあります。

バフェットはこんな話をしています。

「その会社の株を一生持ち続ける気がないなら、一瞬だって持ってはならない。投資のコツは、10年株に投資することさ」 

バフェットは、たくさんの売り買いをするのではなく、それだけ長く利益を出せると思った株に投資するのです。ここでも、最初にプランありきなのです。

僕は、なんにしても、自分の気合いとかやる気とか根性とか、そんな曖昧なものに頼っていては、成果が出るもの出ないし、続くものも続けられないと思っています。

才能や個性というものも認めません。99%は技術です。「成功する人の続ける仕組み」を使ってやっていけば、成果は出るのです。

確かに好きなもの、得意なものをやってほうが効果が出るのは早いので、効率的ではあるでしょう。また、数学や美術、運動的なものはセンスが必要かもしれません。
でも、仕事にせよ、起業にせよ、大抵のものは、いかに「PDC」のサイクルを早く回していくかで決まるのです。

最近、『10年後世界が壊れても、君が生き残るために 今、身につけるべきこと』(SBクリエイティブ)という本を執筆しました。近年、世界だけでなく価値観も大きく変わろうとしていますが、その中でも変わらない、本当に必要なものは何か、ということを考えて書きました。

つねに自分がスタート地点であると知ること、21世紀に必要な3Cなど、さまざまなものがありますが、この「続けること」はなかでも一番普遍的なものであると思います。

やる気に頼らない仕組みを作ることが、成功の第一歩なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。