元ニート実業家が考える、成功する「発想法」

経営者も無一文も体験して見えてきた

仕事で成功するために必要な「考え方」とは?(写真 : totallyPic / PIXTA)
現在までに10数社を起業し、数社の会社経営に携わっている実業家の山口揚平氏。宇宙開発や劇団経営、過去にはクリスピー・クリーム・ドーナツの日本進出にも携わるなど幅広く活躍をしてきました。その山口氏ですが、20代で大手外資系コンサルタントとしてM&Aに携わったり、30代前半でニートになったりという波乱の日々があったからこそ今があるといいます。その山口氏が、これからの時代にビジネスで成功するために必要な「考え方」について語ります。

 

浮き沈みの激しいキャリアで見えてきたこと

僕は、自分で言うのもなんですが、はたから見たら浮き沈みの激しいキャリアを積んできているのではないかと思います。

現在、僕は10数社の起業・事業のスタートにかかわり、何社かの経営に携わっていますが、30代前半は引きこもり(いわゆるニート)でした。でも、その前は起業家として自分の会社を売却したこともありましたし、キャリアのスタートは、コンサルティング会社で、大手企業のM&Aや企業再生にあたり、2つ目のコンサルティング会社では、副社長(バイスプレジデント)まで登りました。入ってくるおカネがゼロだったこともあれば、巨額のおカネを扱っていたこともあります。

その中で感じたのは、多くの人が思うように、確かにおカネは大事だけれど、もっと大事なことがあるのではないかということです。近著の『10年後世界が壊れても、君が生き残るために、今やるべきこと』でも書いたのですが、資本主義が崩壊するといわれるなか、従来通りのビジネスのやり方ではうまくいかなくなっていくと思います。

今回はそんな僕が考える、これからの時代にビジネスで成功するための考え方についてご紹介したいと思います。

次ページ「信頼残高」を増やすためにはどうすればいいのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT