交渉上手な人はどんな英語を使っているのか

60日集中特訓!ビジネス英語術 第11回

やり方と表現さえ身に付ければ、交渉ごともできるようになる!(Ushico/PIXTA)

今週も5日間しっかりメールのやり取りについて学びましょう。今日は交渉に関するメールのレッスンです。交渉するのは概ね価格や納期が多いと思います。こういう場面では希望や要求は丁寧な表現で伝えましょう。そして、譲歩や提案できる条件も明確に書き加えることが大事です。

交渉に使える表現は?

Could you provide your services at a more competitive price?
低価格(他社に負けない価格)でサービスを提供していただけますでしょうか。

Could you discount it? やCould you give us a cheaper price? などはビジネスメールにはふさわしくありませんが、メールの添削をしていると多くの方が最初はこう書いているのに気がつきます。割引を求める場合は、ビジネスにふさわしい以下のような表現にしましょう。

Would it be possible to give us a discount on a bulk order?
大口発注に関して値引きをしていただく事はできますか。
Could you give us a reduction of 20% off the price?
20%の値引きをしていただけますでしょうか。

competitiveはビジネスにおいて頻出単語です。「競合の・競争できる」以外に「(他店や他社と比べて)格安の・お買得の」という意味もあります。

I believe you’ll find our prices are extremely competitive.
私達の価格が極端に安い事が、きっとお分かり頂けると思います。

 

関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。