iPadとiPhoneあなたならどちらを先に売る?

イノベーションの上手な届け方・伝え方

私から見ると、携帯電話の次にタブレットを売り出したことに、イノベーションの届け方・伝え方の妙があり、それぞれのヒットにつながったように思います。

Appleでは、タッチパネル式のディスプレーでインターネットやタイピングができるタブレット端末(後のiPad)の開発を先に進めていたが、これがあまりに人々にとって真新しすぎるものであったのでしょう。

タッチパネル(タッチ式スクリーン=キーボードがない)で文字を打つという体験は、当時のほとんどの人々にとって、未知のものです。そして、タブレット型のパソコンというものも、未知です。しかも、タッチパネルはマルチタッチという複数の指で操作することで画面の拡大、縮小もできます。これも未知です。未知の要素だらけです。

当然、これは問題です。ほとんどの人は、「あ、知ってる!」という要素もなければ、その製品を手にしたいとは思わないのです。

宇宙人が地球に溶け込むには地球人の容姿が必要

では、Appleはどうしたのでしょうか。製品開発ではつねに意識される「差別化」とは、まったく逆の戦略を採っています。未知の要素ばかりの端末に対して、「あ、知ってる!」と確実に言ってもらえる「電話」という要素を加えます。当時、すでにi-modeが存在しており、インターネットができる電話は人々にとって既知のものでした。それに、マルチタッチパネルという未知の要素を加えたのです。

そこで人々は、インターネットができる携帯電話(ここまでは既知)で、かつ、タッチ操作できるもの(ここが未知)という、「既知」のものに「未知」が加わったという理解をしました。宇宙人が地球に溶け込むためには、地球人の姿をして現れる必要がある。そんなイメージです。

 

ここまでで、みなさんはおわかりではないでしょうか。

次ページ差別化戦略とイノベーションの違い
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
海外不振が続くサンリオ<br>復活担う創業家の御曹司

90歳の創業社長から60歳以上若い孫への世代交代が近づく。若き御曹司は、業績不振のサンリオを立て直せるのか。ハローキティなどキャラクターのブランド力向上を目指す。