大きな胸を「小さく」見せるブラが売れたワケ

イノベーションのカギは"矛盾"の解決

バストの大きな女性の悩みを救った、ブラジャーの”イノベーション”とは?(写真はイメージ。撮影:ryanking999 / PIXTA)
 「画期的な新商品をつくろう」「今までになかった斬新なサービスを」
 新しい市場を求めて、会社はこうしたハッパをかけてくる。「画期的」で「斬新」なアイデアが簡単に出てくるわけねぇだろう! と思っている方も多いだろう。
 シートを埋めたら、アイデアが生み出され、そのアイデアをビジネスモデルに仕上げることができる。しかも、そのシートを使って、出資を受けるビジネスが続々と誕生している。そんな夢のようなシートがあるとしたらどうだろうか。
 自身では不動産事業の立ち上げ・売却を経験し、野村総合研究所で数々の独立起業・社内起業の支援、新商品・新サービスの開発に携わった山口高弘氏は、著書『アイデア・メーカー』の中で、そのシートを紹介している。
 本連載では、そのシートの考え方の根幹である「アイデアの作り方」と「ビジネスモデル設計スキル」を、3回に分けて解説してもらう。

 

企画シートを埋めれば、アイデア、ビジネスモデルが完成していく。このシートから生まれたアイデアで出資を受けるビジネスが続々、誕生! アイデア、ビジネスモデルを創り出す「型」を身につけるための教科書+問題集。

初めまして、山口高弘と申します。今回から3回にわたって、具体的な「ヒット商品」の例を挙げながら、「アイデアの作り方」と「ビジネスモデル設計スキル」を解説していきます。

今回は、最初にワコールが2010年4月に発売開始した、大きな胸を「小さく見せるブラ」という商品をご紹介しましょう。

「小さく見せるブラ」というのは商品名なのですが、これを読んだ瞬間、「あれ、逆じゃないの?」という疑問を持たられる方もいらっしゃると思います。特に男性の中には、理解できない方もいるかもしれません。ですが、間違いではありませんよ。

このブラジャーは、「バストをコンパクトに見せたい」「無理に寄せて上げたくはない」という声に着目し、20~30代の女性を対象に開発されました。バストのボリュームが抑えられるので、洋服を着たときシルエットがすっきりしてスリムに見え、「シャツのボタンにすき間ができる」という、バストサイズが大きな女性の悩みも解消しています。

次ページイノベーションが起きるときによく見られる現象
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。