「美しくなりたい」努力の"残酷"な費用対効果 労働経済学の権威が教える美の経済学

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
化粧できれいになるのは、もともときれいな人だけ?(写真:Taka / PIXTA)
美人やイケメンだと得することは誰でも知っている。就職も仕事も恋愛も有利に進められそうだ。では、どんな場面でどれくらい得をするのか? 生涯賃金はどれくらい違うのか? ブサイクだったらどれくらい損をするのか? 本連載では、美の経済学を20年以上研究してきた労働経済学の権威が、疑問に答える。

 

美形のお得度を真面目に測った史上初の本。見た目で収入、企業業績、選挙の結果はどれくらい異なるのか、ブサイクだったらどうすればいいのかなど、デリケートな問題に労働経済学の権威が斬りこむ。

私が「美貌の経済学」を研究し始めて、20年になる。美形とブサイクでは、おカネに換算していくら差がつくのか、そんな差がつくのはいったい誰のせいか、それを解決するにはどうすればいいのか、ということを研究してきた。

集大成として、このたび『美貌格差:生まれつき不平等の経済学』という本をまとめた。本連載では、その中から、「整形や化粧は割に合うのか?」「CEOがイケてるほうが業績がいいのか?」「美形とブサイクの生涯賃金の差はいくらか?」といった話題をお届けする。

本日は、整形や化粧の費用対効果の話から――。

次ページ美形がお得なら美形になればいい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT