CEOがイケメンだと会社の業績がよくなる?

労働経済学の権威が教える美の経済学

社長がイケメンかどうかは、企業の業績を左右するのか!?(写真:nikomi/PIXTA)
美人やイケメンだと得することは誰でも知っている。就職も仕事も恋愛も有利に進められそうだ。では、どんな場面でどれくらい得をするのか? 生涯賃金はどれくらい違うのか? ブサイクだったらどれくらい損をするのか? 本連載では、美の経済学を20年以上研究し、その成果を書籍『美貌格差:生まれつき不平等の経済学』にまとめた労働経済学の権威が、疑問に答える。

 

好評につき増刷! 美形のお得度をまじめに測った史上初の本。見た目で収入、企業業績、選挙の結果はどれくらい異なるのか、ブサイクだったらどうすればいいのかなど、デリケートな問題に労働経済学の権威が斬り込む。

前回は、イケメンや美人がそうでない人に比べて、生涯年収に換算して2700万円も得をしているというデータをお見せした。また、女性より男性のほうが見た目による収入格差が大きく、その理由は、女性の本当の格差がデータに表れていないからだという話をした。

本日は、美人やイケメンの収入が多いなら、企業業績にも影響するのかというテーマでお話しする。

いろんな業界で、美しい働き手はそうでない人たちより稼ぎがよく、一方、容姿の劣る働き手は平均より稼ぎが悪い。経済全体にわたって、容姿のいい働き手はほかの点ではまったく同じだが、容姿の劣る同僚よりも収入が多い。

では、企業家自身の容姿は、企業の成功にどんな影響を与えているのだろう。雇い主の容姿は、自分の率いる会社の業績にどう影響しているのだろう?

次ページ見目麗しい重役がいるとう売り上げが増える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。