ルックスによる生涯賃金格差は2700万円!

残酷な真実!労働経済学の権威の試算

容姿と収入の関係は、世界中で研究されています(写真:ryanking999 / PIXTA)
美人やイケメンだと得することは誰でも知っている。就職も仕事も恋愛も有利に進められそうだ。では、どんな場面でどれくらい得をするのか? 生涯賃金はどれくらい違うのか? ブサイクだったらどれくらい損をするのか? 本連載では、美の経済学を20年以上研究してきた成果を『美貌格差:生まれつき不平等の経済学』にまとめた労働経済学の権威が、疑問に答える。

 

美形のお得度をまじめに測った史上初の本。見た目で収入、企業業績、選挙の結果はどれくらい異なるのか、ブサイクだったらどうすればいいのかなど、デリケートな問題に労働経済学の権威が斬りこむ。

前回は、容姿の5段階評価(5がいちばん美しい)で1とか3の人は、化粧や整形手術をしても、5の評価を得るのは難しく、コストに見合わないというデータを説明した。

本日は、みんながなりたい美しい顔の人は、生涯収入でどれくらい得をしているのかをお話しする。

見映えのいい人のほうが稼ぎがいい、誰もがそう思っている。でも、どうしてそうなのだろう? 容姿のいい人は、容姿が十人並みの人に比べて、どれだけ稼ぎが多いのだろう? そして容姿の悪い人は、容姿が十人並みの人に比べて、どれだけ稼ぎが少ないのだろう? 

1970年代のアメリカ人を対象にした調査によると、容姿が下から15%に入る、つまり並みに満たない(2点か1点の)評価を受けた女性たちは、容姿が並みの女性たちより4%収入が低い。

次ページ男性のほうがルックスの「ペナルティ」が大きい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT