「仕事が忙しすぎて結婚できない」は真実か

32歳、婚活のために転職すべきか?

(写真: ocsa/PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで

今回は、プライベートの時間が取れる会社に転職して、婚活に本腰を入れるべきか悩む営業職の女性からのご相談です。

【ご相談】
32歳会社員、メーカーで営業をしています。新卒で就職して今に至りますが、仕事が非常にハードで、22時、23時まで働く日々です。休日についても、持ち帰りで仕事をしていることが多いのです。社内を見渡すと、独身で頑張っている女性が多く、このままここで働いていたら、結婚も出産もできないのではないかと、不安でたまらなくなります。今、お付き合いしている男性はおらず、そのことでも途方にくれています。職場でこれといった出会いもないですし、そもそも美容に精を出す余裕もありません。
正直、今の会社は業界内でも比較的給与水準が高いので、退職する人は非常に少なく、自分も具体的に転職活動をしたことはありません。しかし、今後を考えるなら、給与が下がっても、もう少しプライベートの時間が取れる会社に転職して、婚活に本腰を入れるべきでしょうか。それとも、このまま今の会社に残り、独りで生きていく可能性も考えてキャリアを確固たるものにすべく、このままハードに働いていくべきでしょうか。
とにかく人生の大半を仕事が占めていて、プライベートが極端に少なく、このまま孤独に40代、50代になるのではないかと心配です。何かアドバイスをいただければ幸いです。
 

ちょっと心配になりました……

転職して本格的に婚活するか、独身決定を覚悟してハードワークをし続けるか。よく読むと、二者択一になっていますねぇ。なかなか激しく思い詰めていらっしゃるご様子、少し心配になってしまいました。

誰でもそうだと思うけれど、ふと、なんとも言えない将来への不安にさいなまれるときってありますよね。就活していた頃も、次に進める企業が減ってくると、「就職できないのでは?」と心配になって仕方がなかったし、さかのぼれば受験のときだって「行く学校がなかったら」と恐ろしくなったことあるでしょう?

次ページ私にも怖くてたまらないときがあった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT