「美人すぎる議員」が次々に誕生するカラクリ

玉石が入り混じる中、ホンモノは誰か

筆談で立候補への意気込みを語る斉藤りえさん(2015年2月25日、国会にて)。北区議会選でトップ当選を果たした(写真:日刊スポーツ/アフロ)

今年4月の統一地方選の特徴をひとことで表せば、「女性の躍進」といえるのではないか。とりわけ後半戦の4月26日には、多くの"美人議員"が誕生し、話題をさらった。

北区でトップ当選した「筆談ホステス」

その中でもっとも話題となったのは、東京都北区の区議会議員選挙で当選した「筆談ホステス」こと斎藤里恵氏だろう。その人生は波瀾万丈だ。1歳10カ月で髄膜炎のために聴力を失い、思春期は非行に走って「青森一の不良娘」といわれたほど。数々の接客業を経て夜の銀座に進出すると、「筆談するホステス」として話題になり、2009年には著書「筆談ホステス」を上梓。テレビドラマ化されもした。

2010年にはシングルマザーのままでハワイで女児を出産し、2015年2月に区議選に出馬を表明する。出馬には日本を元気にする会代表の松田公太参院議員の特別の「引き」があったとされ、「ホステス時代に松田氏が客として通っていた」と囁かれた。

では松田氏は青森出身で銀座で有名になった斎藤氏を、なぜ北区で擁立したのか。そこには松田氏の戦略があった。というのも今回の選挙は松田氏にとって、決して負けられないものだったからだ。

『仕事は5年でやめなさい』という著書もある松田氏は、2011年の参院選で初当選した時、「1期6年だけで政治の世界から足を洗うだろう」と見られていた。

ところが、松田氏は2期目を狙うようになった。2期目に向けた挑戦といえたのが、2013年の参院選でみんなの党公認候補として、東京選挙区に桐島ローランド氏を擁立したこと。桐島氏は松田氏の10年来の飲み友達。当選すれば次期参院選における力強い味方ができるわけだ。

当時のみんなの党は、代表の渡辺喜美氏よりもまゆみ夫人が権勢をふるっていた。 ハンサムな桐島氏なら、渡辺まゆみ氏が気に入り、公認されやすいとの計算も働いたはずだ。ただ結果は惨敗に終わり、寄るべきみんなの党も昨年崩壊した。

次ページ「日本を元気にする会」の戦略とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。