安倍首相、千葉の自民女性県議はゼロですか?

なぜ統一地方選で有権者離れが進むのか

統一地方選を前に結束する自民党。4年に1度の大事な選挙だが、有権者の関心が薄いのはなぜか(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

統一地方選挙のシーズンだ。

4年に一度の周期で、4月にやってくる。今年は、12日に前半の県レベル、26日の後半で市区町村関係の選挙が行われる。大阪市のような政令指定都市の場合は、県単位にくくられるので前半になる。

なぜ地方で一斉に選挙が行われるのか

「政治家」の任期は、参議院議員が6年、衆議院議員は4年とはなっているが、衆議院には解散があるので最近の在任期間は平均して3年くらいではないだろうか。

これら国会議員以外のその他の“選良”たちの任期は、知事であろうが市区町村のどの自治体の長であろうが、それから、都道府県の議会議員であろうが市区町村の議会議員であろうが、任期はすべて4年だ。これらを「政治家」と区別し「地方議員」と総称する。

1947年に日本国憲法が施行されることを受け、日本全体で一斉に首長や地方議会議員の公選が行われた。それでも、この時点でいくつかは足並みがそろわなかったが、その後も同時に選挙を行うことで、国民の選挙意識が高まるという理由から、全国で選挙を統一する工夫がなされてきた。平成の町村合併では任期を短縮して調整したり、衆参の補欠選挙を4月の第4日曜日にしているのもその一つだ。

今年の場合、都道府県議会議員選挙は、47都道府県の中、44道府県で選挙が行われ、政令指定都市の市議会議員選挙も20市中17市で行われる。国民の一大イベントだ。逆に病気や転身、汚職などが理由で辞職が頻発する知事や市長などの首長の選挙は、都道府県知事レベルで47のうち、わずかに10道県と少ない。

次ページ徐々に「同日」でなくなる、統一地方選
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。