日経平均は2万円を超えたら暴落するのか

日本株は過熱気味?それとも適正水準?

初来日したミシェル夫人。安倍首相が日米関係を一段と重視すれば、株価の下支え要因にもなる(ロイター/アフロ)

筆者は日頃全国でセミナーの講師も務めているが、株価が堅調に推移しているためか、参加者の方が増えてきている。質問も多々いただく。今回のコラムでは、そうした質問のなかから、多く寄せられるものを複数あげてみる。東洋経済オンラインの読者の皆様にも有益であり、何よりも国内株価の先行きが透けて見えると考えるからだ。そのうえで、コラムの最後に相場を展望してみよう。

株価は「過熱気味」なのか

(個人投資家の質問)最近の株式市場は過熱感が強く、株価の押し目を待っているのですが、なかなか下げてくれません。なぜでしょうか?

「過熱感」とは何か、という点が重要です。株価は短期的に上げ下げするので、仮に10営業日連続で上がり続けていれば、「そろそろ下げるだろう」と考える人が増えても不思議ではありません。このように、「単に株価が上がり続けること」を「過熱感」と呼ぶことが多いと思います。

しかし、私のように経済や企業収益の実態から考える者は、適正水準にあった株価が、企業収益が2倍になるなかで2倍に上昇しても、実態の裏付けがある株高で、過熱感はないと考えます。しかし、企業収益が横ばいなのに、株価だけが1割上がれば、それは過熱感があると言えます。

収益実態と株価を比べる一番重要な指標はPER(株価÷1株当たり利益)です。直近の3月20日(金)の東証1部の予想PER(予想利益を用いたもの、米ファクトセット調べ)は15.5倍です。これは、昨年12月高値時の14.6倍よりも高く、利益増に比べ、株価の上昇が少し速すぎる感はあります。ただし、暴落直前の2013年5月高値時の16.7倍よりはまだ低く、過熱している、というほどではありません。

次ページ「クジラ」の買いが一巡すると暴落する?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT