私が「株価はまだ上がる」と考える理由

「物価目標未達=アベノミクス失敗」は本当?

疲れが目立つ安倍首相。官僚のサポートがどれだけあるかを常にチェックするのも大切(衆議院予算委員会で、写真:ロイター/アフロ)

上場企業の業績は、まずまず順調だ

2月5日、あのソニーの株価が一時ストップ高まで上昇した。今期(2015年3月期)の400億円の営業赤字の見通しを、一転200億円の黒字に上方修正したことが効いた。

ソニーのかつての栄光を思うと、何ともささやかな利益と言うしかないが、株価にとって業績情報の影響、特に「予想外の修正」の力は大きいことがわかる。

一方、こちらは予想通りという感じの数字だが、トヨタ自動車は今期の営業利益見通しを前期比18%増の2兆7000億円に上方修正した。企業業績的には円安が有利であり、昨年と比較して大幅に原油価格が下落したこともプラスに働く。

楽天証券経済研究所のわが同僚が集計では、2月4日までに昨年10−12月期の決算を発表した東証1部上場3月期決算企業の金融を除く648社について、2014年4月から12月までの経常利益は15兆8030億円(前年比+7.8%)である。

これは会社の通期予想(19兆8116億円)に対する進捗率として約80%に相当し、昨年の4−6月の景気が消費増税の影響で大きく落ち込んでいたことを思うと、おおいに順調といっていい。

次ページということは、この先は期待できるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。