私が「株価はまだ上がる」と考える理由

「物価目標未達=アベノミクス失敗」は本当?

疲れが目立つ安倍首相。官僚のサポートがどれだけあるかを常にチェックするのも大切(衆議院予算委員会で、写真:ロイター/アフロ)

上場企業の業績は、まずまず順調だ

2月5日、あのソニーの株価が一時ストップ高まで上昇した。今期(2015年3月期)の400億円の営業赤字の見通しを、一転200億円の黒字に上方修正したことが効いた。

ソニーのかつての栄光を思うと、何ともささやかな利益と言うしかないが、株価にとって業績情報の影響、特に「予想外の修正」の力は大きいことがわかる。

一方、こちらは予想通りという感じの数字だが、トヨタ自動車は今期の営業利益見通しを前期比18%増の2兆7000億円に上方修正した。企業業績的には円安が有利であり、昨年と比較して大幅に原油価格が下落したこともプラスに働く。

楽天証券経済研究所のわが同僚が集計では、2月4日までに昨年10−12月期の決算を発表した東証1部上場3月期決算企業の金融を除く648社について、2014年4月から12月までの経常利益は15兆8030億円(前年比+7.8%)である。

これは会社の通期予想(19兆8116億円)に対する進捗率として約80%に相当し、昨年の4−6月の景気が消費増税の影響で大きく落ち込んでいたことを思うと、おおいに順調といっていい。

次ページということは、この先は期待できるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT