上西議員、「維新除名で年収増」のカラクリ

厳しい処分にみえるが、実は大甘だ

4月3日、橋下徹維新の党最高顧問とともに会見する上西小百合衆院議員 (写真:日刊スポーツ/アフロ)

4月4日、大阪維新の会は上西小百合衆院議員を除籍。続いて維新の党も、上西氏を除名処分としたことが大きな話題になっている。これは一見、厳しい処分のようにみえるが、実は苦肉の策であり、大甘といえなくもない。まずは経緯を振り返っておこう。

ウイルス性胃腸炎のはずなのに

2015年度予算案が衆議院を通った3月13日、上西氏が本会議を欠席した理由についての疑義などが、除名処分の理由だ。

国会で最も重視されるのが本会議だが、とりわけ予算を可決する本会議には特別の意味がある。ロッキード事件で渦中にいた田中角栄氏も、高齢まで衆院議員を務めた中曽根康弘氏も、そしてよく「俺は潜る」といって政治の表舞台から姿を消していた小沢一郎氏も、これには欠かさずに出席していた。

もちろん上西氏も、その重要性はわかっていたのだろう。本会議を無断で欠席したわけではない。12日午後3時に赤坂の医院で「ウイルス性胃腸炎」のために「3日間の休養と食事療法が必要」との診断書を受け取り、翌日提出している。除籍の理由はそのような状態であるにも拘わらず、本会議の前夜に自民党の赤枝恒雄衆院議員に誘われて六本木で会食し、3次会までつきあっていたことだ。

次ページそもそも、なぜ大阪7区から出馬できたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。