「美しくなりたい」努力の"残酷"な費用対効果

労働経済学の権威が教える美の経済学

でもまあ、そういうやり方で何とかなる部分もある。人が美しいと感じる顔には、顔の対称性以外にもいろいろな特徴が含まれているからだ。若い人の容姿は、歳のいった人の容姿よりも高く評価されがちだ。

だから手術で青春の泉を見つけようというやり方は、他人の目に映る自分の容姿をよりよくする助けになる。それでも、そういうやり方では、あまり大きな改善には至らない。

ひょっとすると単純に、整形手術はおカネがかかる割に人を見違えるほどには美しくできないってだけなのかもしれない。ひょっとするとできるのかもしれないが、おカネの面でも痛みや苦しみの面でも、容姿をよくするためのコストは大きすぎて、そんな手術を受けようという人はあまりいないのかもしれない。

韓国の整形手術を研究して得られた結果が、そういう可能性を示唆している。ほとんどの人にとって、手術で容姿を改善しても、得られる経済的な利益は手術にかかるおカネには程遠く、ましてや手術を受けて心にかかるコスト、つまり「痛みや苦しみ」たるや、まったく見合わないということだ。

オシャレな服や化粧、髪型の効果は小さい

整形手術では私たちは美形に変身できないのだとしたら、あるいは私たちは手術の費用を十分に払えないのだとしたら、あるいは私たちは美しくなれるほどの手術の痛みには耐えられないのだとしたら、ひょっとすると、もっと単純なやり方のほうがいいのかもしれない。

つまり、もっといい服を着て、もっといいお化粧をして、もっときれいに髪をセットして、そんなやり方だ。「勝負服」とか「美顔メイク術」とかばかりを扱うコラムが新聞や雑誌にあったりする。

そういうコラムには、おすすめの服やヘアスタイル、マニキュアなんかが出てきたりもする。そういうことにおカネを使えばうまくいくんだろうか? 手術以外の美容法にもっとおカネを使えば、私たちはもっと美しくなれるんだろうか?

上海で行われた調査が、女性がそれぞれ服や化粧品、ヘアケア、そのほかの美容に毎月いくらつぎ込んでいるかを調べている。美容にまったくおカネを使わない女性が平均的な額を使うようになっても、評価は3.31点から3.36点にしか上がらない。

次ページ1ドル使って得られるお金は平均で4セント
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT