転職がうまくいかない背景にある「業界事情」

「ハイタッチ」なサービスはどこへ行った?

(写真:ABC/PIXTA)

提供したサービスに対する顧客の満足度を測るのは簡単ではありません。ただ、広く認知され、大きな影響力をもつ指標はいくつかあります。

たとえば、飲食店を利用者が勝手評価する「食べログ」。当方も仕事で予約する飲食店選びで、食べログの点数を参考にすることがあります。5点満点で3.5点以上の店を探したり、あるいはグルメな取引先なので4.0点以上に限ってみたり。得点を高めに設定すると、予約に苦労してしまうことが多いのですが。

こうした、満足度の指標化を日本で幅広く行っている会社がオリコンです。「オリコン日本顧客満足度ランキング」として、ウォーターサーバーや子ども英会話、メンズエステと、ここ以外では評価がされていないと思われる分野の満足度調査を、多数、行っています。その調査結果はOricon CS Reportとして、

・ユーザー(消費者)の選択機会
・会社の商品開発やサービス機会

で役立つことを目指しているとのこと。その一環としてAwardを創設して、各テーマの総合1位に選出されたサービス(商品)を表彰。社会における顧客満足度の認知拡大と価値向上も図っています。

実は、なんと「人材紹介」も評価対象に入っています。過去4年以内に転職・人材紹介会社に登録をし、紹介された企業から内定をもらったことがある人に調査を行い、1位に選ばれたのが株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント社です。同社は「紹介情報の量」「決定スピード」「会社の信頼性」など全項目で1位を獲得。2位はパソナキャリア(PASONA CAREER)、3位はインテリジェンス(DODA)と続いています。

こうした満足度ランキングのテーマにも取り上げられるくらい、多く人にとって気になるサービスになりつつある人材紹介ですが、満足の反対である不満について「求職者」「求人会社」の双方から耳にすることも増えています。典型的な不満は

・求職者の不満⇒希望していない職種や会社を勧められた
・求人会社の不満⇒的外れな人材を紹介してくる

と双方とも「マッチング」に関するものです。では、どうしてマッチングに関する不満が増えているのでしょうか。

次ページこうやって転職市場は激変した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT