転職がうまくいかない背景にある「業界事情」

「ハイタッチ」なサービスはどこへ行った?

さて、その成長する人材紹介市場で、「求職者」と「求人企業」がマッチングに関する不満を口にするようになったのはなぜか。それは、人材紹介ビジネスの拡大に伴い、サービスを提供する会社の規模が急拡大し、その結果としてきめ細かいマッチング、すなわち

ハイタッチなサービス

ができなくなってきたからではないでしょうか。ここでいうハイタッチとは、取引先に喜んでもらえる献身的な姿勢のことです。たとえば、人材紹介であれば

・顧客側の「漠然とした」求人ニーズを理解することができる(それだけ会社の課題を十分に知っている)
⇒「うちの会社に合う人」という要望に応えて人材を探せる
・その会社が好む面接作法の指導ができる(それだけ会社の風土を十分に知っている)
⇒面接の場面でよく聞かれる質問と模範解答の指導ができる

こうした姿勢が人材紹介のマッチングを向上させるのは明らかです。ところが、規模が拡大した人材紹介会社はそうしたサービスを排除しています。求人ニーズは社内の検索システム任せ。

転職相談を受けるキャリアアドバイザー(CA)と会社の求人を預かるリクルーティングアドバイザー(RA)は分業化。CAは会社に訪問することはないので、システム上にアップした求人票以上の情報を持たないようになりました。

当然ながらRAが転職希望者と会うこともないので、

「その会社さんにはお勧めの人物だと説明していますが、直接本人と会ったことはないので、本当にそうかは言い切れません」

というのが実態になっています。

業界大手だからといって、きめ細かいサービスができているかというと、そうでもないのです。

ただ、規模が大きくなれば仕組み化を進め、サービスが画一化、標準化するのは常です。別の業界であれば《こだわりの店主がいる1店舗の居酒屋》が多店舗化すると《どの店でも同じ味が楽しめるチェーン居酒屋》に変わるようなことと同じです。

もしかしたら、かゆいところに手が届くハイタッチなサービスを求めるなら、大手よりも小規模なブティック型の人材紹介会社を選ぶべきなのかもしれません。ただ、大手も本音ではどう思っているのか。ハイタッチなサービスを永続的にあきらめて、不満の声に対処するつもりはないのか? 今後の取り組みに注目していきたいものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。