(第68回)2012年度新卒採用、旧帝大・早慶クラス【理系】学生の人気企業ランキング(大学別編)

(第68回)2012年度新卒採用、旧帝大・早慶クラス【理系】学生の人気企業ランキング(大学別編)

HRプロ株式会社
 前回は理系の学科別の特徴について紹介した。今回は理系の大学別の特徴を紹介する。
 文系でも大学ごとに個性を持っているが、理系の個性は文系とは一致しない点が興味深い。多くの大学で理系学部は文系学部と違う場所にあり、交流することもほとんどないためだと思われる。
 志望企業については各大学とも上位30社で比較した。30社でも十分に個性的なバラツキがある。また志望理由は前回も紹介したが、今回は大学別に掲載する。

図表1:大学別回答者一覧(理系)
[+]画像拡大

●北海道大学理系は、海外志向と非技術系業種への志向が強い


図表2:北海道大学理系学生の人気企業ランキングTOP30

 北海道大学の理系学生の志望企業だが、地元企業は北海道電力とニトリだけだ。技術系企業は業種を問わず著名企業が並んでいるが、目立つのは非技術系企業だ。総合商社、シンクタンク・コンサル、メガバンクが7社もある。またニトリも家具・インテリア小売大手である(本社・札幌)。
 非技術系業界への志望が多い大学はほかにもあるが、30社で区切ると北海道大学が最多だ。

図表3:北海道大学理系学生の志望理由ランキングTOP10
※志望企業1社につき、志望理由を21項目から1項目のみ選択

   志望理由のトップは「専攻を活かせる」(18.5%)だが、専攻外の業種を志望する学生が多いようだ。
 他の項目で目立つのは志望理由6位の「海外で活躍できる」(7.5%)だ。慶応、早稲田は4~5%だが、他の旧帝大はすべて2~3%台だから、かなり高い。北海道大学文系の「海外で活躍できる」(6.9%)は文系平均より低いから、文理で傾向が違う。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT