(第68回)2012年度新卒採用、旧帝大・早慶クラス【理系】学生の人気企業ランキング(大学別編)

●10位のグーグルと12位のマイクロソフトが気になる東京大学


図表6:東京大学理系学生の人気企業ランキングTOP30

 東京大学は文系でも特異な傾向を示しているが、理系でも個性的だ。トップは旭化成グループだが2位は野村総合研究所だ。東京工業大学と東京大学で野村総合研究所の評価は高い。日本放送協会(NHK)は他校でも名前が出てくるが、7位までは高くない。
 最も気になるのは10位のグーグルと12位のマイクロソフト。もちろん他校でもグーグルとマイクロソフトの名前は出るが、順位は低めだ。これほど順位が高いのは東大だけ。世界で最も優秀なエンジニアはグーグルとマイクロソフトに集まると言われるから、世界水準で仕事をしたいということなのかもしれない。

図表7:東京大学理系学生の志望理由ランキングTOP10
※志望企業1社につき、志望理由を21項目から1項目のみ選択

 志望理由でも東大は個性的。「専攻を活かせる」は24.3%で、10大学の中で最も高いスコアだ。逆に「志望している業種である」は12.9%とかなり低い。他校では16%くらいだ。  他校では「給料・待遇がいい」が低い(全体平均2.3%)が、東大は高め(3.8%)である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。