(第63回)2012年度新卒採用動向調査【前半戦】 企業の動向編3

(第63回)2012年度新卒採用動向調査【前半戦】 企業の動向編3

HRプロ株式会社
 前回に引き続き、採用担当者アンケートの調査結果から、今回はインターンシップ、Webオンラインセミナー、そしてグローバル化が急激に進む中での外国人/留学生採用の現状を中心に取り上げる。

●3分の1の企業がインターンシップを実施

 学生と直接出会う場としてインターンシップは有効だ。2004年から就職ナビ依存の採用活動が顕著になったが、その一方でインターンシップ実施企業も増えてきた。今回の調査では、「実施していない」企業が65.7%と過半数を占めているが、逆にいえば残りの3分の1の企業は「実施している」ということだ。

図表1:インターンシップのタイプ

「実施している」企業にそのタイプを聞いてみた。
「Webインターンシップ」のようにインターンシップと呼べるのかどうかに疑問がある形態は0.7%とわずか。「選考直結型」も2.8%と少ない。「半日程度」や「1日程度」は就業体験というより、会社説明会の一種だと思うが、それぞれ16.9%、13.4%にすぎない。「2~3日程度」も12.7%とさらに少ない。多いのは「1週間程度」と「2週間程度」で、それぞれ33.1%と35.9%となっている。
 ただ、学生が受けたインターンシップは1日、半日が最も多い。1~2週間のインターンシップは労力を要するので、多数の学生を受け入れられないからだ。

 インターンシップは企業の立地によって実施形態が変わってくる。地域の企業は地方大学と連携して、比較的長期のインターンシップを実施できる。インターンシップを単位認定している大学も多い。「1ヶ月以上」はこのケースだろう。
 不特定多数を対象とする都市部の企業、特に大企業は長期インターンシップを実施しにくい。「インターンシップ」とうたっていても、半日、1日が多く、自社外の会場で行うケースも多い。企業によってインターンシップの実施方法は千差万別である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT