課長、勝手に担当を決めないでください 

全員参加ミーティングで納得度アップ

② 上司が何も意見を聞かずに担当を決める:決められた担当は同じであったとしても、部下が意見を述べた場合と、意見を述べても聞いてもらえなかった場合では、納得度が圧倒的に違います。なぜなら、意見を聞いてもらえると、部下は自尊欲求が満足されるからです。佐藤君が自ら意見を述べ、課長の考えを聞いていれば「ボクを見込んで難しい仕事を任せてくれた」と思ったかもしれません。

納得度を高める秘訣

担当業務への納得度を高める方法は、部下の意見を聞きながらそれを決めていくことです。具体的には2つの場面でのミーティングが役立ちます。

① ミーティングで職場目標を設定する:上司と部下の全員が職場目標について話し合い、それを設定していくミーティングを開催します。このミーティングを行うと、目標の内容が全員に鮮明に理解されます。上位目標との関連、目的と手段の関連などについての理解が、メンバー間で共有するわけです。

② 業務分担をミーティングで決める:担当業務もミーティングで話し合いながら決めます。職場目標を達成するために誰がどんな動きをすればよいのかを話し合います。業務量の調整や得手不得手の補い方なども含めて話し合うことで、公平感のある業務分担ができあがります。

 目標管理では、参画が大切だと言われますが、職場目標の設定や業務分担の決定といった職場のマネジメントに部下が参画することがとても大切です。そこに参画してればこそ、業務分担に納得がいき、それが期末の評価の納得性にも繋がるのです。

 ポイントは「全員参加の担当業務のミーティング」。佐藤君のような「不満社員」を生み出さないためにも、説明もなく上司が勝手に決めてしまうことのないよう、ぜひ実践してみてください。

 評価の仕方で部下のやる気、職場の成果は変わるものです。評価者として管理職として知っておくべきことをわかりやすく解説した拙著『正しい目標管理の進め方』もご参照ください。拙著出版を記念して少人数の無料セミナーも行っています。詳細は「東京会場」「大阪会場」をクリックください。

イラスト:ふるはしひろみ

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。