センター試験を"当日に投げた"彼のその後の人生 父の失職と不倫、止まらない夫婦間暴力の末に

✎ 1〜 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58
拡大
縮小
(写真:筆者撮影)

背が高く、いかにもスポーツをしてきた体つきの、そして非常に穏やかで、優しそうな風貌の男性だった。

高校を卒業してからある専門職として働く佑太さん(仮名・30代)。彼は幼少期より、不仲でけんかばかりしている両親を見て育った。高校時代には、一家が離散しかねない事件が続いたが、周囲の大人たちは皆「あなたがいるから大丈夫」と言った。勇気を出して相談しても、踏み込んで助けてくれる人はいなかった。

そんなものか、と思って生きてきたけれど、本当はとてもつらかった。そう気づけたのは大人になってから、妻が当時の気持ちを受け止めてくれたからだ。

「今悩んでいて、誰にも相談できないでいる男性が、誰かに話せるきっかけになれば」と連絡をくれた佑太さんに、話を聞かせてもらった。

「仕事を辞めたい」と言うようになった父

両親は大学の同級生として知り合った。母親は「夫婦は対等」という意識がとても強かったが、父親は九州出身で、「ナチュラルに『男を立てろ』と考える」タイプだった。

佑太さんが幼い頃から両親はよくけんかをし、外でも人目をはばからずに口論をした。だが、仲がいいときはいい。「今思えば、そういうタイプの愛情表現だった」と理解している。

家の空気が変わり始めたのは、佑太さんは小4の頃だった。佑太さんが住む地域が、大きな自然災害に見舞われたのだ。自宅はそれほど被害を受けなかったが、父親は地元の役場に勤めていたため、何日も帰れない日が続いた。仕事がかなりきつかったらしく、「仕事を辞めたい」としばしば口にするようになった。

だが、母親は父親が離職することに反対していた。夫の望みで専業主婦になったのに、その夫が今さら仕事を辞めるだなんて、と感じたのかもしれない。夫婦げんかは頻度を増した。

次ページ父の失職で経済的に困窮し、施設に預けられることに
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT