「保育士の数を2倍」にした園で起きた劇的変化 「加古川」では市を挙げて働き方改革に取り組む

拡大
縮小
熱を測る保育園の先生
保育士不足の解消や働き方へのさまざまな取り組みをご紹介します(写真:加古川市)
この記事の画像を見る(9枚)

保育士は、朝の園児のお迎えから日中の活動、昼食時の食事サポートなど、多くの仕事を抱えている。誰かが泣いたり、体調を崩せば駆けつけてフォローをするし、連絡帳や日報などの事務作業も行う。保護者として、保育士たちはいったいいつ休憩を取っているのだろうかと心配になることもある。

昨年の保育所等利用児童数は、およそ274万人と5年間で30万人増となった。それに伴い、「保育士不足」が問題となっているが、保育士資格を持つ人すべてが保育士として働いているわけではない。

保育士資格を持っているにもかかわらず、保育士として働いていない「潜在保育士」は、全国に98万人と、資格保有者の3分の2にものぼる。東京都の保育士実態調査(平成30年)によると、保育士を辞めた理由は、職場の人間関係に次いで、給料、仕事量、そして労働時間と、待遇に関するものが目立つ。

一方、保育士資格を取った動機として最も多いのは、「子どもと接するのが好きだから」だ。保育士が待遇面、精神面ともにゆとりを持ち、子どもと接する時間を充実させることができれば、保育士不足の解消につながるのではないだろうか。人員増員やICT導入により保育士の働き方改革に挑む、保育園と自治体を取材した。

保育士を国基準の2倍配置する園

先ほどの東京都の保育士実態調査によると、保育士の半分(50.1%)が「現在の職場に改善してほしいこと」として、「職員の増員」を挙げている。しかし、今年4月の保育士の有効求人倍率は1.98倍と全職種の平均値(1.17倍)よりも高く、保育士確保はそう簡単ではない。

そんななか、保育士を国基準の2倍配置し、結婚や出産、育児を経ても働き続けられる職場作りに取り組む園がある。社会福祉法人風の森(東京都杉並区)が運営する、Picoナーサリだ。

もともと幼稚園運営をしていた同法人だが、区の待機児童の問題を受けて7年前から保育園運営を開始した。当初は、国や区が定める配置基準どおりの職員数を配置していたが、すぐにほころびが出始めた。

次ページ残業や持ち帰り仕事が当たり前だった
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT