年収700万円の33歳彼が「台湾」で今超幸せな理由 ネトゲ断ちのため留学、荒療治が人生を動かす

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10
拡大
縮小
10代後半にオンラインゲームにハマり、留学で無理やりネトゲ廃人を脱した木原悠太郎さん(33歳)。しかし中国留学で人生が一気に変化、紆余曲折を経て台湾の地に自らの居場所を見出すことに(写真:Mlenny/Getty Images Plus)
20代半ばから30代に訪れるとされる「クォーター・ライフ・クライシス」(以下QLC)。一人前の大人へと移行するなかで、仕事、結婚、家庭などなど、自分の将来の生活や人生に対して「このままでいいのか?」と悩み、漠然とした不安や焦燥感にさいなまれる時期のことを指す。
もともと2000年代前半にイギリスの研究者たちが用いるようになった言葉だが、日本の若者たちの関心も集めつつあり、SNSやブログで自身の心境をつづる人も。
そこで、本連載では性別職業問わず、さまざまなアラサーたちに取材。それぞれのQLCを描きながら、現代の若者たちが味わう苦悩を浮き彫りにしていく。10代後半にオンラインゲームにハマり、紆余曲折を経て台湾の地に自らの「居場所」と「天職」を見出した木原悠太郎さん(33歳)のケースを取り上げる。

高2の夏にネトゲにハマってFラン大学へ

経済停滞する日本に見切りをつけて国外へ脱出する若者はいま少なくないらしい。外務省によると、海外で暮らす日本人の数は30年間で倍増しているそうだ。本連載ではITや語学のスキルを活かして経済的安定を海外で掴み、QLCを抜け出すケースを取り上げてきたが、木原さんもそのひとりだ。

京都出身の木原さんは高校2年の夏休みに興味本位で始めたオンラインゲームにハマり、ネトゲ廃人化。以降、遅刻や早退を繰り返す高校生活を送り、「大学だけは出ろ」という両親に従い、いわゆるFラン大学に入学した。

「深夜に寝て昼前に起きるという生活で、年間100回以上遅刻していたので、高3に上がるのもギリギリ。遅刻して学校に行き、早退で帰るみたいな感じでしたが、なんとか3年で高校を卒業しました」

次ページ1日の平均14時間プレイのネトゲ廃人に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT