「赤ちゃんがかわいい」が自己肯定感につながる訳 役に立たない自分の存在を認められるかがカギ

印刷
A
A
赤ちゃんをかわいいと思う気持ちと自己肯定感には共通するところがあるようです(写真:プラナ/PIXTA)
「自己肯定感」という言葉は日本にもすっかり浸透した。しかし、「自己肯定感は無理に高める必要はないのでは」「低いままでも支障はない」という意見も目にする。
そもそも自己肯定感とは何なのか。シリコンバレーで暮らしてきたライフコーチの宮崎直子さんは、「自己肯定感が高いとは、ありのままの自分を“無条件で”受け入れ愛している状態」と定義する。さらに、「自己有用感」や「自己効力感」とはまた違い、これらと混合してしまうと危険だとも指摘する。それらの理由を詳しく聞いた。
本稿は『鋼の自己肯定感 ~「最先端の研究結果×シリコンバレーの習慣」から開発された“二度と下がらない”方法』より一部抜粋・再編集してお届けします。

シマウマの赤ちゃんは生まれて10分もすると自分の足で立つことができるようになり、1時間もすると自分で走れるようになる。これに比べて生まれたての人間の赤ちゃんは、呼吸や排泄以外は自分で何も行うことができない。

この「何もできない」赤ちゃんに対して親や祖父母が無条件で抱く愛情、その愛情を自分に対して抱くのが、私が定義する自己肯定感だ。それは、テストで100点を取れるからでも、その子がスポーツがよくできるからでも、親の言うことをよく聞くからでもない。なんの条件もなく、ただ目の前の赤ちゃんという「存在」に対する愛おしい気持ちだ。

この「存在レベルの愛情」こそ、「ありのままの自分を無条件に受け入れ、愛すること」に他ならない。

あらゆる自分を無条件に受け入れ愛すること

そこには、良い自分も、悪い自分も含まれる。調子がいいときだけではなく、人にひどいことを言ってしまった自分、逆に人からひどい仕打ちを受けた自分、仕事で大失敗した自分、勇気がなくて行動できない自分、落ち込んでいる自分、病気で何もできない自分、すべてが含まれる。過去も含めてありとあらゆる自分を無条件に受け入れ愛すること、それが真の自己肯定感だ。

人間の赤ちゃんが何も自分1人でできない状態で生まれてくるのは、我々大人に無条件の愛とはこういうものだということを教えてくれるためなのではないかと思う。無事に生まれてきてくれたというだけで、「存在そのもの」を愛し、無条件に喜んだのに、大人たちは、子どもが歳を重ねるに連れ、いつの間にか「無条件」ということを忘れてしまう。

勉強をしたら愛するけれど、勉強をしなければ愛さない。自分の命令に従えば愛するけれど、従わなければ愛さない。さまざまな大人のマイルールを当てはめて、子どもをジャッジし始める。

そこで神様は、私たちに無条件の愛を学ぶ機会をもう1つ与えてくれている。それは、年老いて寝たきりになり何もできなくなってしまった親あるいは祖父母への愛だ。ここで我々は再び「存在そのもの」への愛を思い出す機会を与えられる。

次ページ開業医だった祖父の存在
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT