自己肯定感が「低い日本人」「高いドイツ人」の違い 謙虚で聞き上手な日本人、実は損をしがち?

印刷
A
A
なぜ日本人は自己肯定感が低いのか?(写真:Pangaea/PIXTA)

日本は「若者ばかりが自殺する国」

日本は自殺大国です。15~39歳の各世代の死因の第1位は自殺(厚生労働省「2020年版自殺対策白書」より)。また先進国(G7)の中で、15~34歳の年代で死因の1位が自殺なのは、日本だけ。この世代の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は日本が16.3人に対し、フランスは半分以下の7.9人、ドイツは7.5人です。

このように日本では「若い人の自殺」が目立ちます。背景には、長引くコロナ禍でサービス業などの分野で雇用環境が悪化したことなどの影響も考えられそうですが、そうはいっても、人は自己肯定感が高ければそう簡単に死は選ばないはずです。

パッと見ただけでは、相手の「自己肯定感の高さ」を読み取ることはできません。そして「どうすれば自己肯定感が高くなるの」というのも複雑な話になりがちで、なかなか簡単に答えが出ないものです。

一方で、筆者が育ったドイツと日本を比べてみると、「やっぱりドイツ人は自己肯定感が高いよな」と思うこともしばしば。巷では『ドイツ人はなぜ「自己肯定感」が高いのか』(小学館)という本も人気を集めています。

日本人はどうすれば「自己肯定感の悩み」から解放されるのか? 今回はそれについてじっくりと考えてみましょう。

まず日本だと「聞き上手の人」が評価される傾向にあります。逆に自分の話を延々とする人は「自己中心的」「大人げない」などと批判を集めがちです。

ところがドイツの場合、聞き上手の人はそれほどいません。むしろ、延々と自分の話をする人のほうが多いぐらいです。ドイツでは初対面であっても、身の上話をする人が多いです。

親しい仲であれば、さらに拍車がかかり、自分の家族のことから恋愛のこと、ペットや休暇、果ては政治的立場といったかなり個人的なことまで詳細に話します。自分の話をしているときのドイツ人は決まっていつも嬉しそうな顔をします。

そんな自分のことを何でもよくしゃべるドイツ人に捕まってしまい、正直、「早く終わらないかな」と思うこともあります。とはいえ、注目すべきは彼ら彼女らが“嬉しそうな顔”をしていることです。

次ページ「これはマウンティングなのでは!?」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT