自己肯定感が「低い日本人」「高いドイツ人」の違い 謙虚で聞き上手な日本人、実は損をしがち?

印刷
A
A

筆者の父はドイツ人で、日本語は片言しか話せませんでした。一方で、日本人の母は今でこそドイツ語を早口で話しますが、筆者がドイツに住んでいた子どもの頃は、彼女のドイツ語もたどたどしかったことを覚えています。

そんな両親は最初の子どもである筆者の日本語とドイツ語のバイリンガル教育に力を入れました。それぞれの母国語を話す筆者を、両親は何かと褒めてくれました。親バカでもあったのでしょうが、話すたびに「すごいね!」と感動してくれたことが筆者の自己肯定感につながっているようにも思えます。

「私が、私が」はそんなに悪いのか?

日本とドイツの文化はなにもかも違いますので、一概に「どちらの国のほうが優れている」と評価できるものではありません。ただし、自己肯定感だけにスポットを当てると、聞き上手が美徳とされる日本人よりも、自分の好きなことを好きなだけ話すドイツ人のほうが精神衛生上いい気がします。月並みな言い方になってしまいますが、日本人はもっと自分に自信を持ったほうがいいと思うのです。

内閣府の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成30年度)」によれば、「自分自身に満足している」と答えた人はドイツ人では81.8%なのに対し、日本人はわずか45.1%。この自信のなさが、冒頭の自殺率の高さにつながっているように思えて仕方ありません。

最後に、この文章を読んでいる親御さんに一言。もし子どもが「僕が、僕が」「私が、私が」と自分の話ばかりしていても、そこに自慢ばかりが交じっていても、大目に見てあげてはいかがでしょうか。

子どもが幸せな人生を歩むには自己肯定感は必須。そのためには、自慢も大げさに褒めてあげるぐらいがちょうどいい気がします。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT