TOEIC満点を目指すだけの人はダメ

日本の教育を変えるキーマン 千田潤一(2)

千田私が初めて受けたのは1985年だったと思います。スコアは810点だったかな。AIU保険会社にいたときでした。

安河内タイムライフのあとはAIUに転職されたのですか?

千田そうです。実はタイムライフを辞めるときに、北村さんにTOEICを一緒にやろうと誘われたのですが、AIUへの転職が決まっていたので断ったのです。それで13年ほどAIUで仕事をしたのですが、北岡さんから再度お誘いがあったときに、今度はご一緒しようと決めたのです。

安河内千田先生の功績もあって、今では年間230万人を超える受験者数までの大規模な試験になりました。

千田大学で初めてTOEICを採用したのは千葉商科大学。そこから全国の大学にどんどん広がっていきました。

日本人はTOEICのおかげでリスニングするように!

安河内今までお話してきたTOEICテストはリスニング(L)とリーディング(R)の問題が出題されるものです。日本では1979年に第1回目が開催されました。この試験は1980年代から2000年代にかけて、日本の英語教育を大きく変えてきたと私は思っています。

私は英語科の学生でしたから、リスニングの勉強もある程度はしていました。でも、一般の大学生でリスニングの勉強をしている人は、私が大学生だった1980年代半ばから後半にかけては、ほとんどいませんでした。例外としてアルクの通信教材「ヒアリングマラソン」をやる人が、少しいる程度だったと記憶しています。書店に置いてある英語学習本も、リスニングに関するものはあまりありませんでした。

ところが今は書店にあるリスニング関連の英語学習本がなんと多いことか! なぜリスニング本が増えたかと言えば、グローバル化の影響もあるとは思いますが、いちばんはTOEICの影響と言って差し支えないでしょう。

千田間違いないでしょうね。昔は英語の“勉強法”だったのが、今は英語の“トレーニング法”の書籍に変わったと言えますね。トレーニング法の書籍はTOEICのような試験が出て来たことで普及したと思います。

次ページTOEIC満点が偉いわけではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT