多様化するセカンドキャリア、継続雇用、定年延長…先進企業に学ぶ人事制度


50歳代後半のモチベーションが向上

導入から3年経ち、山本人事部長が感じたのは「社員の働く意欲が50代後半に一層高まっている」点だ。50代後半になると、60歳以降の社外活動をイメージし、仕事熱が冷める人が多く見られた。だが今は「若手よりもパワフルだ」(同部長)。

「体力や忍耐力の低下は60歳定年が敷かれていることによる自己暗示にすぎない」。そう力説する先の井上マネージャーは1日2時間の勉強を1年間続け、合格率が2~3割というSC経営士の資格を取得した。

60歳以降のキャリア形成を見据えた人事異動も積極的に行われるようになった。井上マネージャーも50代後半に差しかかった06年から3年間、盛岡に発寒、石巻と日本各地のSCへ異動を繰り返し、モールマネージャー就任への準備を重ねた。

もちろん課題がないわけではない。老練な社員が増えた一方で、中堅社員のモチベーションをいかに維持するかという点だ。特にリーマンショック以降、イオンは国内出店にブレーキをかけており、65歳定年制導入時の思惑とズレが生じている。実際、中堅社員がポストに就けない事例も起きているという。

現状では業績が堅調な食品スーパーやサービス事業など、グループ企業で創出されるポストに若手を抜擢し、モチベーションの向上を図っている。「多くのグループ企業を抱えているから、制度を維持できている面もある」(山本部長)。65歳定年制の定着へ模索は続いている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT