多様化するセカンドキャリア、継続雇用、定年延長…先進企業に学ぶ人事制度


【イオンリテール 65歳定年制】

60歳での昇格は当たり前 企業年金含めた一体改革

月間入場者数が100万人に達するイオン土浦ショッピングセンター(SC)。同SCの運営責任者を務めるのは、今年1月に60歳を迎えた井上和行SCモールマネージャーだ。ジャスコで35年を超すキャリアを持つが、モールマネージャーは初の就任。65歳定年制を導入しているイオンでは、60歳でもキャリアアップし活躍する人材が増えている。

イオンの中核会社、イオンリテールが定年を60歳から65歳へ引き上げたのは2007年2月。「年を重ねることでお客様に奉仕できる範囲が広がる。また人とのコミュニケーション能力も上がっていく」(山本博之グループ人事部長)。店舗を拡大し成長する戦略を描いてきた中で、経験豊富な60歳以上の人材を保持したいという思いは根強かった。

02年8月に勤務年数による年功的な昇給制を廃止し、勤務コースと社内資格試験を軸とした給与体系に変更。さらに06年には60歳以上の再雇用も開始するなど、段階的に準備を進めてきたことで、65歳への定年延長は混乱なく導入できたという。

60歳を超えてもそれまでのキャリアを継続することができ、昇格もあれば昇給もある。モールマネージャーや店長といった体力を必要とする職務から、事業部長など戦略構築を取り仕切る役職まで、その活躍の場も多岐にわたっている。

一方でイオンは10年4月、企業年金の受給開始も65歳へ引き上げた。賃金から年金までのセットの改革が、65歳定年制の下地にある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。