伊達公子が語るテニス界「ドリームプラン」の内幕 映画でも垣間見られるトッププレーヤー育成の鍵

✎ 1〜 ✎ 147 ✎ 148 ✎ 149 ✎ 150
拡大
縮小
テニスプレーヤーの育成は映画『ドリームプラン』のどおりなのか? 作品字幕の監修に携わった伊達公子氏に聞いた (撮影:梅谷秀司、衣装:MIKAKO NAKAMURA/ミカコナカムラ)
グランドスラム(テニスの国際4大大会)で30回優勝、オリンピックでは5つの金メダル獲得という戦績を誇るビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹。テニス界のレジェンドとして知られる彼女たちを、世界チャンピオンに育て上げた実父リチャードの「計画書(ドリームプラン)」にまつわる「驚きの実話」を映画化したハリウッド映画『ドリームプラン』が2月23日より日本公開となる。
テニス未経験者であるリチャードは、姉妹が生まれる前からテニスの教育法を独学で研究し、「世界チャンピオンにする78ページの計画書(ドリームプラン)」を作成。当時、富裕層や白人層のためのスポーツと言われていたテニス界に金なし、コネなしで飛び込んだ。さらには治安の悪さも加わった劣悪な環境下で、幾多の困難や、周囲からの批判を浴びながらも、いかにして彼は2人の娘をチャンピオンへと育てあげたのか――。
そんな破天荒で、パワフルな父親リチャードを演じたのはウィル・スミス。2022年の第94回アカデミー賞には、スミスが主演男優賞にノミネートされたのをはじめ、計6部門にノミネート。下馬評も非常に高く、これまで二度、アカデミー賞にノミネートされたスミスにとって、本作で悲願のオスカー獲得なるか、という点にも注目が集まっている。
そんな本作を「リアル」と評するのは、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹との対戦経験もある元トップテニスプレーヤーの伊達公子氏だ。そこで今回は、本作の字幕監修も行った彼女から観た本作の魅力、テニスビジネスの裏側などについて聞いた。

ウィル・スミスさんの演技がすごくリアル

――この映画をご覧になって、とてもリアルだと感じたそうですね。

もちろん私は、リチャードさんの特徴、普段のしぐさや練習のスタイル、娘たちへの言動までを見聞きする機会はあまりなかったんですけど、遠目に見てるところでの練習のやり方とか、そういうところはウィル・スミスさんの演技がすごくリアルだと思いました。まずはそこですね。そしてこれはほかのスポーツでもそうだと思うんですけど、テニスにおいて、本当に華やかな部分というのはごくごく一部で。それこそトップに到達できる人というのは本当にひと握りしかいない。

次ページ白人が多かった1980年代のテニス界
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT