WOWOWが「テニス中継」に全力でこだわる理由

報われない20年間を、「錦織選手」が救った

現在開催中のウィンブルドン選手権でベスト8に進出した錦織圭選手。2014年の活躍で、日本のテニス人気に火をつけたスターだ。WOWOWとも深いつながりがある(写真:AFP/アフロ)

スポーツコンテンツは賭け――。放送業界でよく聞かれる言葉だ。日本代表が活躍するか、日本人のスター選手が現れれば、一気にそのスポーツの人気も高まる。だがそうでなければ、多額の放映権料などの投資は報われずに終わる。放送局の体力と忍耐力が問われるビジネスだ。しかし最近、20年以上にわたる“ある賭け”に勝ち、ひたすら強化に邁進する局がある。衛星放送のWOWOWだ。

その賭けの正体が、テニスだ。ナダル、フェデラー、ジョコビッチ、マレーという男子スター選手の「BIG4」が飛躍し、錦織圭選手や大坂なおみ選手など、日本人選手も世界のトップレベルで激戦を繰り広げるようになった。

日本で唯一グランドスラムすべてを放送

テニスは今や、日本でも幅広いファン層を抱えるスポーツの1つ。特に現在開催中の英国・ウィンブルドン選手権は世界最高峰の大会として毎年注目を集める。残念ながら錦織選手は男子シングルス準々決勝で、大坂選手は女子シングルス3回戦で敗退。明日7月15日には男子シングルスの決勝が行われ、盛り上がりはピークを迎える。

トップクラスの格上選手を撃破する勝負強さが人気の大坂なおみ選手。男子シングルスの人気が高い日本で、女子シングルスの注目度を一気に高めた選手だ(写真:Getty Images)

ウィンブルドン、全豪オープン(1月)、全仏オープン(5~6月)、全米オープン(8~9月)は4大大会(グランドスラム)と呼ばれ、それぞれの開催時期には世界的にテニス熱が高まる。

そんなグランドスラムを日本で唯一、全大会放送しているのがWOWOWなのだ。映画や音楽ライブ、舞台、独自ドラマのほか、ボクシングやゴルフなどスポーツに強い。テニスは目玉コンテンツの1つだ。4大大会の期間中は毎日10時間近く、合計160時間ほど放送する”テニス祭り”状態で、これを求めて加入するファンも多い。田中晃社長は「テニスはWOWOWの看板であり、キラーコンテンツだ」と胸を張る。

ウィンブルドンで久々に存在感を示しているナダル。ジョコビッチとともにベテランの強さを見せつける大会となった(写真:ロイター/アフロ)

なぜ熱心なテニスファンがWOWOWに集まるのか。まずは試合中継だ。4大大会の場合、映像はホスト局の放送事業者によるものを放送する。そのため、独自の要素はアナウンサーによる実況と解説になる。しかし、WOWOWの実況・解説の最大の特徴は「しゃべらないこと」に尽きる。これはいったいどういうことなのか。

次ページネットでは未放送試合も見られる
人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。