ジャガーさん「若者がTVを見ないのは当然だ」

千葉テレビ伝説のスポンサーが本音で語った

2017年に千葉テレビの終身名誉応援団長に任命されたジャガーさん。現在も千葉テレビで毎日3分間の「おやすみJAGUAR 天気予報」を、1日の最後の番組として放送している(撮影:梅谷秀司)
ロックミュージシャンのJAGUARさんをご存じだろうか。「宇宙のかなたにあるジャガー星生まれで、30年ほど前に宇宙船ジャガー号で地球に到来し、千葉の鋸山に着陸。それ以来、たまに千葉県市川市に帰ってくる。地球では仮の姿で洋裁チェーンの経営者をしている」という強烈なキャラクターで、千葉のスターとして知られている。
かつて千葉テレビ放送の番組枠を自費で買い取り、番組を放送していた伝説のスポンサーで、自ら番組を作り続けるクリエーターだ。現在でいうユーチューバ―の先駆けといえるだろう。2015年に「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で取り上げられると、人気は一躍全国に広がった。今ではテレビやイベントに引っ張りだこだ。
テレビ業界は今、逆風の真っただ中にある。若者を中心にテレビ離れが指摘され、広告もリーマンショック以前の水準を回復できない。ネットでは「つまらない」「不謹慎」などとバッシングを受けることも頻繁だ。YouTubeも以前と比べものにならないほどの人気を獲得している。30年以上前からテレビで、そしてネットでも発信を続けてきたジャガーさんは、テレビ業界をどう思っているのか。市川市に停泊中のジャガー号で、ジャガーさんのテレビ論を聞いた。

テレビよりスマホのほうが面白い

――テレビがどれだけ見られているかを示す総世帯視聴率が低下し、各種のアンケートでもテレビ視聴時間が減るなど、テレビ局はテレビ離れに苦しんでいます。

若い人がテレビを見ないのは当然でしょ。みんなスマホを持っているし、テレビよりスマホのほうがずっと面白い。スマホはYouTubeなどのサービスで面白い動画を自分で探して視聴できる。しかもコンテンツは無限にあるでしょ。一方のテレビはチャンネル数が極端に少ない。好きな番組も限られているし、番組が始まる時間まで待たなくてはいけないし、テレビをつける必要がなくなってしまっている。

――ネットを中心に「テレビはつまらない」との論調もよく見られます。テレビは本当につまらなくなっていると思いますか?

みんなそう言っているよね。競争相手が増えちゃったからだと思う。ジャガーが30年前に「HELLO JAGUAR」という番組を始めたとき、映像といえばテレビ以外になかった。今はネットでYouTubeなどの動画配信サービスがたくさんありますから。しかもユーザーは無料で動画をどんどんアップできるし、環境が大きく変わってしまった。ジャガーも動画をアップしていますよ。

一方で、テレビは昔とやっていることが変わっていない。昔と同じ人が今も出ている。ビートたけしさんとか、ベテランがずっと出ている。彼らの存在が偉大だし、代わりがいないんだろうね。若くて魅力的なスターが出てこないから若い世代の視聴者が見ない、ということもあると思う。

次ページ「視聴者のレベルも上がっている」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?