ジャガーさん「若者がTVを見ないのは当然だ」

千葉テレビ伝説のスポンサーが本音で語った

たくさんのディスプレーが並ぶジャガー号では、ジャガーさんが生配信をしたり、曲を作ったり、社交ダンスを楽しんだりしている。ジャガーさんは一時期、爆風スランプでベースを弾いていた経験もあるミュージシャンだが、ロック以外の曲が多い。影響されたアーティストを聞くと、「ビートルズ、ローリングストーンズ、ボブ・ディラン、エルヴィス・プレスリーと数限りない。最近はVersailles(ヴェルサイユ)という日本のバンドですね」とのことだった(撮影:梅谷秀司)

また、SNSではテレビ番組への反響もリアルタイムでどんどん流れてくる。ニコニコ生放送なんかは、見ているユーザーのコメントが画面に流れるので面白いよね。スマホ経由で番組へのコメントを書き込んだらどんどん画面に出るとか。テレビもああいうことができるといいのかもしれない。

――今の地方局の役目は何でしょうか。ネット時代に入り、その役目は変わっていくのでしょうか。

地域密着の番組をやるなど、ローカルにきめ細かいですよね。あれはすごくいいですね。キー局じゃ絶対にできないことをやっている。これからも地域の詳しい情報を伝える、という役目は変わらないと思う。

自ら番組枠を買い取ったきっかけ

――30年前の千葉テレビも、今のように地域情報を中心とした番組が多かったんですか?

だとは思いますね……。昔のことはあまり詳しくないんだけど。

――どんなテレビ番組をよく見ていますか?

キー局だと「月曜から夜ふかし」は仕事柄よく見ますけど。あとはドラマや映画。テレビ朝日の「相棒」シリーズなんかもよく見ています。千葉テレビは「白黒アンジャッシュ」?とか……。

――実は千葉テレビをほとんど見ていない?

いや……、はっはっは(笑)、朝の情報番組はチラッと見ますよ。たまにジャガーも出るし、テーマソングも作ったんだけど……番組の名前は何だったっけ? チバテレの看板番組はなんつったってジャガーだから(笑)

――ジャガーさんは自費で千葉テレビの番組枠を買い取り、1985年から約10年間「HELLO JAGUAR」を放送(2005年と2010年、2016年にもレギュラー放送)していました。きっかけは?

ジャガーの曲を知ってもらいたいという気持ちでした。それまではテレビ神奈川とテレビ東京、千葉テレビで15秒間のCMを流していたんです。ところがCMは高いしとても短い。そこで千葉テレビと話をして、番組ができないかと相談したら「できます」ということだったので、5分番組に切り替えてやってきた。5分だと曲を流すだけじゃなくて、いろいろなことができる。

次ページジャガーさんが作りたい番組とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。