混迷極まるフジテレビ、「73歳新社長」の重責

大エースでも止められなかった視聴率の低迷

日枝氏は1988年にフジの社長に就任して以降、29年間、代表取締役を務めてきた(写真:時事、尾形文繁)

「何と申しましても、フジテレビの不振は明らか。喫緊の課題である視聴率向上を図るため、経営体制を変更する」。日枝久会長は淡々と語った。

5月11日、フジ・メディア・ホールディングス(HD)は6月の株主総会をもってフジテレビジョン(以下フジ)の亀山千広社長が退任すると発表。HDの日枝会長は取締役相談役となり、フジの会長職も退くことになった。今後、フジとHDの社長には現在BSフジ社長の宮内正喜氏が就任。HD社長の嘉納修治氏はHD会長とフジ会長を兼務し、新社長をサポートする。

実現されなかったビジョン

凋落の端緒は2011年ごろ。ドラマやバラエティの苦戦が響き、視聴率の低下が始まった。そこで2013年、「踊る大捜査線」など数々のヒット作を生み出したプロデューサーの亀山氏が社長に抜擢されたのだ。

亀山社長は2014年に昼の長寿番組「笑っていいとも!」を打ち切り、2016年に「ごきげんよう」を終了、昼ドラ枠を撤廃するなど改革を実行した。その成果もあり、昼のバラエティ「バイキング」や情報番組「直撃LIVE グッディ!」の視聴率は改善が続いている。

しかし、肝心のドラマやバラエティは混迷を極めた。亀山社長は「まずはドラマで話題を呼び、バラエティで視聴習慣を根付かせ、報道番組で信頼を得る」と語っていたが、ビジョンが実現されることはなかった。

次ページフジの苦戦に他局の反応は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。