混迷極まるフジテレビ、「73歳新社長」の重責

大エースでも止められなかった視聴率の低迷

フジは2015年度にゴールデン帯(19〜22時)の視聴率でTBSテレビに抜かれ4位に転落。2016年度も低迷し、テレビ東京が背後に迫る。テレビ単体の営業利益は、すでに最下位だ。

フジの苦戦が目立ち始めた当初、他局からは「それ見たことか」と揶揄する声もあった。だが、今では「フジの視聴率はあまりに厳しい。業界自体の存在感が下がらないか」との懸念すら聞こえてくる。

「現場が自由に制作できる環境を作る」

新体制について日枝会長は「現場が自由に制作できる環境を育てる。新会長、新社長は、自ら陣頭指揮を執り細かな指示を出す役割ではない」と強調した。

当記事は「週刊東洋経済」5月27日号<5月22日発売>からの転載記事です

その意味で、宮内氏は適任なのかもしれない。同氏は現在73歳。編成畑を歩み、管理部門や経営企画も経験。その後8年間岡山放送の社長を務めたベテランだ。現在トップを務めるBSフジでは「編成と営業の総合力で売れるコンテンツを開発したい」と語っていた。制作者でない立場からフジを客観的に見られる人物といえる。

とはいえ、フジがやるべきは優れた番組を作り視聴者を引き付けること。その一点に尽きる。大エースの亀山社長ですら成し遂げられなかった課題を宮内氏はクリアできるのか。未曾有の危機の中、厳しい船出となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?