WOWOWが「テニス中継」に全力でこだわる理由

報われない20年間を、「錦織選手」が救った

野球やサッカーなどのスポーツとは異なり、テニスには「ラリー中は静かに見守る」という観戦マナーがある。そのため、実況・解説も視聴者の邪魔をしないように、ラリー中は無言を貫き、プレーの流れと空気を読みながら話している。この姿勢は熱心なファンから支持されてきた。バラエティ番組のようにスポーツを中継する地上波各局とは正反対といえる。

ただし、新規のファンを置き去りにしているわけではない。選手の入場から試合前の練習時間を使い、選手の経歴やプレーの特徴などをわかりやすく説明するようにしている。そのほか、現地取材による最新映像や選手のインタビューなども、ファンを引き付ける重要な要素になっている。

大勢のスタッフが現地で“目利き”

放送だけではない。加入者限定のネット配信サービス「メンバーズオンデマンド」もフル活用する。テレビ放送は日本人選手や有力選手の試合が中心だが、「ピックアップコート」というサービスを設け、放送しない注目の試合を最大4コート、ネット中継している。

「ピックアップコート」という配信サービスでは、テレビ放送されない試合も楽しめる。グランドスラムでは、ハイブリッドキャスト(ネット経由でコンテンツをテレビ上に配信する仕組み)を用いて、テレビでも視聴できるように実証実験を行っている(写真:WOWOW)

どの試合を配信するか決めるのは現地に飛んだスタッフだ。グランドスラムのたびに総勢50人ほどが2週間、現地で取材をこなしている。4大大会は約20のコートで試合が進行しており、その中から、選手のランキングのほか、会場の盛り上がりなどの空気感を加味して試合を選んでいる。

2018年にはコンテンツを強化すべく、「男子テニスATPワールドツアー」のライブ配信も始めた。同ツアーは男子プロテニス協会の組織下にあるツアー。グレード別の大会が世界各地で毎週開催され、選手は試合に出場してポイントを稼ぎ、よりグレードの高い大会の出場権を得る。錦織選手をはじめとする日本人選手も参加している。ファンはほぼ一年中、テニス中継を楽しめるようになった。

WOWOWの目玉コンテンツに上り詰めたテニスだが、かつてはマイナーなコンテンツだった。人気が爆発するまでに、実に20年以上の歳月を費やした。

テニス中継の歴史は古い。1991年に開局したWOWOWは、1992年にウィンブルドンを除くグランドスラムの放送をスタートさせた(ウィンブルドンは2008年開始)。テニスを選んだ背景には、開局時の方針としてスポーツ放送を掲げていたことがある。野球などメジャースポーツの放映権は地上波のテレビ局が押さえていたという事情もあった。

次ページテニス不遇の時代が続いた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT