ヨネックスが大坂なおみをサポートするワケ

「全米オープン優勝」弾みに海外開拓加速狙う

大坂なおみ選手はテニスの全米オープン決勝でアメリカのセリーナ・ウィリアムズを破り、初優勝した(写真:ヨネックス)

テニスの全米オープンで世界4大大会シングルスの日本勢初優勝を果たした大坂なおみ選手の快挙が、日本中にフィーバーを巻き起こしている。その余波は、大坂選手が使用したラケットのメーカーであるヨネックスの株価にも及ぶ。

9月8日の決勝後、初の取引となった10日の初値は745円と前週末終値比45円高(6.4%)と急騰。その後も堅調で19日の終値は826円まで上昇した。「小売店からのラケットの引き合いも増えている」(ヨネックスの石田一文宣伝部長)。

会長にスポンサー依頼の手紙が届く

ヨネックスが大坂選手と、テニスラケットやウエア、シューズなどを提供するスポンサー契約を結んだのは、同選手が10歳の頃、2008年のことだ。大坂選手の母親が、ヨネックスの米山勉会長に「スポンサーになって欲しい」旨の手紙を書き、ヨネックスの米国拠点にいるスタッフが、ジュニアトーナメントを観戦してサポートすることを決めた。

スケールの大きさ、性格、周囲の育成方法などさまざまなことを考慮に入れてジュニアのプレーヤーとのスポンサー契約を決めたわけだが、「何も大坂選手だけが、世界中でサポートしているジュニアのテニスプレーヤーの中で特別だったわけではない」と、石田氏は強調する。

長年、ヨネックスはジュニアのテニスプレーヤーへのサポートに力を入れてきた。それは、将来のトップ選手を青田買いするという短期的な視点以上に、「テニスの楽しさ、おもしろさを多くのジュニアのプレーヤーに伝え、中長期的視野でテニスファンを開拓することを重視してきた」(石田氏)。だからこそ大坂選手に対しても、その実力が開花する前からサポートすることを決めた。

次ページ選手たちとヨネックスとの深い関係
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。