ハイテクラケット「バボラプレイ」の実力

これであの錦織圭選手に近づける?

「バボラプレイ」を使ってプレーすると、ストローク数やフォアハンド数などのデータがスマホ用のアプリでチェックできる

「やっぱり、打点がバラバラだ」

数分間のラリーの後、使っていたテニスラケットから、ブルートゥース(無線)を使い、たった今プレーしたデータを自分のスマートフォンに転送する。さらにアプリで、自分のテニスのプレー内容を分析する。

プレー時間、ストローク数、フォアとバックの内訳などさまざまなデータが表示される。一番気になっていたのはボールがラケットのどこに当っているか。覚悟していたことではあるが、見事にバラついている。打点が安定している上級者とは大違いだ。

 トップ選手の協力を得て開発した

ボールがラケットのどの部分に当たっていたのかも正確に表示してくれる

8月末、東京・品川プリンスホテルで、スポーツ用品メーカーのダンロップスポーツとフランスのテニス用品メーカー、バボラVS社(以下、バボラ社)が協同で、通信機能搭載テニスラケット「バボラプレイ ピュア ドライブ」(以下、バボラプレイ)の説明会と試打会を開催した。

1875年にフランスでストリング(ガット)メーカーとして創業したバボラ社は、94年からはテニスラケットも発売。全仏9勝など4大大会14勝のラファエル・ナダル選手(世界ランキング2位)など多くのトップ選手が同社製のラケット、ストリングを使用する、世界有数のテニス用品メーカーだ。

グリップの内部に加速度センサーやジャイロセンサーなどが内蔵されている

バボラ社が投入した戦略製品がバボラプレイは、同社のベストセラーラケット「ピュアドライブ」のグリップに、加速度センサー、ジャイロセンサー(傾きなどを計測)、コントロール用IC、バッテリーなどを内蔵。これを使えば、ストローク、サーブ、スマッシュなどのプレーデータを記録することが可能。ブルートゥース経由でスマホやパソコンへデータを転送し、自分のプレーをグラフや数値でわかりやすく分析することができる。

次ページ自分の弱点もすべて丸見えに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。