2022年も「家電サブスク」が引き続き大注目なワケ

珈琲豆代で全自動コーヒーマシンが手に入る

パナソニックのサブスクサービス「foodable」。ミキサー、トースター、コーヒーメーカー、低速ジューサー、ホームベーカリー、炊飯器、スモーク&ロースター、オーブンレンジなどの家電と食材のサブスクが利用できる。月額利用料金は3980円(筆者撮影)
この記事の画像を見る(6枚)

2021年の家電市場は、昨年からのコロナ禍の影響を受け続けた1年だった。引き続き、空気清浄機やエアコンなどの空調家電は伸びているものの、ステイホームにより、爆発的な需要の先取りが起きた反動と、半導体不足の影響も受け、調理家電や生活家電はそれほど伸びなかった印象だ。

この連載の一覧はこちら

そんな中で、2021年の家電市場で話題を集めたのが、「家電サブスク」の広がりだ。これは家電製品を買わずに、月々払いのサブスクリプションプランで利用するという新しいスタイル。サブスクサービス自体は2019年が元年と言われており、クルマや家具などさまざまなジャンルで広がりを見せている。それが家電にも広がってきたというわけだ。

といっても、以前より、レンタル大手のRentioや家具サブスクのスタートアップ企業サブスクライフなどは、早くから家電のサブスクを始めていた。2021年は大手メーカーが自らサブスクサービスを大々的にスタートし始めた年なのだ。

家電と食材をサブスクできるパナソニック

大手家電メーカーのパナソニックが今年6月にスタートしたのが、家電と食のサブスクサービス「foodable」だ。面白いのは単に家電をレンタルするだけでなく、毎月こだわりの食材が宅配されることだ。月額利用料金は3980円。

‟おうちで「全国ご当地米食べくらべ体験」”コースで利用できる「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX101」」(写真:パナソニック)

例えば炊飯器(SR-VSX101)のプランでは銘柄炊き分け機能を搭載した同社の最上位を使うことができ、毎月ご飯ソムリエが厳選した銘柄米が2セット(2合×6パック)届く仕組み。日本全国のさまざまな銘柄米の食べ比べが楽しめるというわけだ。また、ホームベーカリーのプランなら、さまざまなパンミックスが、オーブントースターのプランでは冷凍パンセットが届けられる。

パナソニックによると、「foodable」は想定の約3倍の申し込みがくるなど大ヒット。12月にはさらにサービスを拡充。低速ジューサーとフルーツの組み合わせや全自動コーヒーメーカーとコーヒー豆、スモーク&ロースターと燻製食材など、より多くのコースを用意している。

次ページ家電の返却や買取も選べる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT