「自宅でGW」を豪華に楽しむ最新おすすめ家電

家飲みで活躍、炭酸水が作れるソーダメーカー

コンパクトサイズでバッテリーも内蔵するモバイルプロジェクターXGIMI「XGIMI MoGo Pro」。動画配信サービスのコンテンツを最大100インチで壁などに映し出せる(写真:+Style)
この記事の画像を見る(5枚)

昨年春、年始に続いて、GW期間を挟んで3度目の緊急事態宣言が4都府県に発令された。東京都では大型店舗への休業要請が出されたほか、飲食店には終日の酒類の提供自粛要請も出されている。このことから居酒屋などは終日休業する店が増えており、今年のGWは昼間も外では飲めないという状況になった。

昨年から続くステイホームにより、家電を買い替えたり、リビングを模様替えしたりした人も多いと思うが、さらにいくつかの家電やガジェットを追加して、巣ごもりライフを充実させよう。

「小型プロジェクター」でおうちシアター

最長11日間ともいわれる今年のGW。せっかく家に籠もるなら、溜まっている映画や海外ドラマなど、映像コンテンツを消費する期間にしてはいかがだろうか。長い海外ドラマのシリーズ物も、これだけの期間があれば見られるはずだ。

この連載の一覧はこちら

この際、せっかくだから気分を上げて、大画面のおうちシアターを楽しもう。おすすめは、スピーカーを内蔵しており、手軽に設置できるポータブルタイプのモバイルプロジェクター。これを使えば部屋の壁などに、手軽に映像を投影できる。場所さえあれば100インチサイズでの投影も可能。GW期間だけ家具を少し動かしてスペースを作ってもいいだろう。映像を大きく映し出す空きスペースがない場合は、シーツなどを広げてもいい。

次ページおすすめのモバイルプロジェクターは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT