「コロナで買いだめ」1年間の分析で見えた現実

1年前店頭から消えたトイレットペーパーの今

1年前に人々が買いだめに走った商品の消費動向を分析しました(写真:CORA/PIXTA)

初の緊急事態宣言から1年。PCR検査にクラスター、オーバーシュートにソーシャルディスタンス、ロックダウンと、さまざまな専門用語をメジャーにした新型コロナ。ここへきて「まん延防止等重点措置」を略した“まん防”なる用語も市民権を得る中、まだまだ新型コロナは沈静化する気配がない。

市場調査会社のインテージが、新型コロナの影響を受ける直前から週次で全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなど約6000店舗の販売動向を追っている「新型肺炎カテゴリー動向」。このほど公表した2月最終週までのデータでは、1年前に買いだめされた商品が浮き彫りになった。

マスクなど「新3種の神器」の動きは?

直近の2月22日週の全品目での前年比伸び率トップ5は、1位マスク(165.1%)、2位血圧計(141.5%)、3位ビタミンB1剤(134.3%)、4位鼻炎治療剤(133.3%)、5位ヘアートリートメント(121.7%)。

このトップ5品目が、コロナ前の2019年12月から今年2月までの1年3カ月の間、どのような動きをしたのか、グラフにして可視化してみた。

マスクは途中、2000%に迫る場面もあって、他の4品目と同じグラフで表示すると、他の4品目の動きが見えなくなる。そこで、マスクだけは他の「新3種の神器」と組み合わせ、他の4品目とはグラフを分けた。

 

マスクは昨年1月はまだ供給されていたので、今年は反動で1月25日週には前年比21.3%まで低下した。

だが、昨年は2月2週目あたりから供給不足が顕著になり始めたからか、今年は同じ2月2週目あたりから、反動で前年比100%を超えだした。この後、前年を割ってくるのは昨年マスクの供給が追いつき始めた4月中旬以降だろう。

ちなみに、全品目のランキングでは、マスク以外の「新3種の神器」である手指消毒剤、非接触式体温計が上位30位以内に登場していない。

次ページネット口コミでビタミン剤が急伸
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT