「興味ない仕事」任されて悩む人に教えたい突破口 たった1つでいいから「共感」できる点を見つける

拡大
縮小
まったく興味のない仕事を任された場合、どう対処すればよいのでしょうか(写真: jessie/PIXTA)
「一流になるビジネスパーソンになりたいのなら、『主人公思考』を持つこと」。そう話すのは大ヒットゲーム『アイドルマスター』シリーズを600億円もの市場規模に成長させた立役者、バンダイナムコエンターテインメントの坂上陽三氏です。主人公思考とは、一言で言えば「自分事化する」こと。具体的には自分の頭で考え、自分の考えで意見を選択し、行動に移す、ということを言います。
ただし、会社員などの場合、いつも自分が好きな仕事を担当できるわけではありません。その場合、どうすれば自分事化できるようになるのでしょうか。新著『主人公思考』を上梓した坂上氏が解説します。

「理解」から「共感」のフェーズまで行く

仕事では自分が担当している枝葉の部分だけではなく、その先にある「目的」を見据えて動くことが大事。しかし、これは前提条件。「主人公思考」を持った一流のプレイヤーになるためには、その一歩先を目指す必要があります。

仕事の目的はわかった。こう動けば目的達成に貢献できるだろう。これは「理解」です。ここまでは皆さん、それほど苦労せずにできるでしょう。一流のプレイヤーというのはその一歩先を行き、「自分だったらどうしたいか」と考える。目的を理解したうえで、自分の選択を持って行動に移します。

では、このレベルに上がるには何が必要か。ポイントは「共感」にあると考えています。

「主人公思考」を手に入れるプロセス
① 理解
② 共感

「主人公思考」を持っている人は、「理解」で終わることなく、「共感」のフェーズまで行く。「共感」とは何かというと、自分自身が「好き!」「面白い!」と感じることです。

次ページゲーム制作での例
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT