仕事ができる人か一発でわかる「3つの質問」

できる人とできない人の回答はどう違う?

仕事ができるかできないかわかる「3つの質問」とは(写真:YUJI/PIXTA)
数学的思考ができるビジネスパーソンを育成する「ビジネス数学」を提唱し、延べ1万人以上を指導してきた深沢真太郎氏。最新刊『数学的思考トレーニング』では、数学的思考法を「定義」「分解」「比較」「構造化」「モデル化」の5つの思考法に整理し、その頭の使い方(動かし方)を楽しくトレーニングできるようにしている。ここでは、「定義」の重要性について、例題をもとに解説してもらった。

まずは3つの質問に答えてみよう

私はさまざまな企業の研修に登壇しています。昨今は管理職向けのものも増えました。そんな場で、私が頻繁に使う3つの質問があります。もちろん後で解説しますので、まずはあなたも考えてみてください。そして、この3つの質問に対するあなた自身の答えも用意してください。

【問題】
成果が出るビジネスパーソンとそうでないビジネスパーソンでは、次の問いの答え方がそもそも違います。さていったいどんな違いがあると思いますか?
Q1「あなたの仕事はなんですか?」
Q2「それはできていますか?」
Q3「なぜそう言えるのですか?」

成果を問われるこのような質問。働く者にとってあまりいい気分がしないものかもしれません。実際、研修の場でこの3つの質問でワークをすると、参加者の皆さんはとても苦しそうな表情をなさいます。私も十数年間ほどビジネスパーソンを経験しましたから、その気持ちは痛いほどわかります。

しかし私は教育者であり、このような問いをすることによってビジネスパーソンに気づきを与え、行動を変えてもらうことが仕事でもあります。心を鬼にして、参加者に答えを発言していただいています。

さて本題。この問いの答えで何がわかるのか、さっそく解説しましょう。次ページの事例をご覧ください。ある企業の管理職の方がした回答です。結論から申し上げると、成果が出せず伸び悩んでいるビジネスパーソンの典型的な回答例です。

次ページ伸び悩んでいるビジネスパーソンの答えとは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT