仕事ができる人か一発でわかる「3つの質問」

できる人とできない人の回答はどう違う?

私のアドバイスにより、この総務部長は3つの問いに対する答えをこのように変更してくれました。

Q1「あなたの仕事はなんですか?」
→部員の各タスクを難易度と重要度でスコアリング(X)し、それに所要した時間(Y)で割り算した結果(X÷Y)を仕事の効率と定義する。上半期と下半期でこの数値を比較し、改善度合いを明らかにする。つまり、できるだけ短時間で難易度の高い仕事を処理できるようになったことが明確に数値で測れる。
Q2「それはできていますか?」
→今年度の上半期と下半期で比較することで評価できる。
Q3「なぜそう言えるのですか?」
→(X÷Y)の値が増加しているから(あくまで予定)。

効率化という極めて曖昧な概念が具体的になり、できたかどうかがはっきりわかるような内容になりました。すべきことが明確になれば実際の行動の質も良くなりますし、無駄なことをしなくて済みます。効率化されたこともはっきり数値で示せます。仕事で成果が出せる人、その成果をはっきり周囲に示して認めてもらえる人の回答は私の指導前と指導後のどちらか、もはや言うまでもないでしょう。

加えて申し上げるなら、最初の回答でこの総務部長が「なんとなく」という表現を使っていることにも注目してください。正しい定義をせずになんとなく始めた仕事は、なんとなく終わる。例えば「なんとなく」で始めた会議が何も成果を得られずに終わる。誰しも一度は経験があるでしょう。

「定義しない」ことで起こること

この事例から、私があなたにお伝えしたいことはたったひとつです。

自分の仕事をどう定義するかが、その人の仕事の成果を決めている(物事をどう定義するかが、その行方を決めている)。

『数学的思考トレーニング』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

定義とは、「そうであるもの」と「そうでないもの」をはっきりさせることです。定義をしないと何が起こるか。共通認識が欠如することで、うまくいかないことが生じます。物事はたいてい、最初に何をするかで決まっています。何かを劇的に変えたいとき、根本から考え直す思考法が役に立ちます。根本を変えるとは、定義を変えることです。

これらの内容すべて、先ほどの3つの質問のワークに当てはまることにお気づきでしょうか。だから先ほどの3つの質問の答え、厳密に言えばQ1の答えを見れば、その人物が成果を出せるビジネスパーソンかどうかがはっきりわかるのです。それは裏を返せば、Q1の答えが変われば、あなたに劇的な変化が訪れる可能性が生まれることも意味します。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT