「やる気が続かない人」に多いヤバい口癖6つ

どんどん落ち込んでいく人に共通すること

やる気が出ないのは、あなたの性格が原因ではなく、普段使いがちな口癖のせいかもしれません(写真:EKAI/PIXTA)
「目標実現」の専門家として、オリンピック選手をはじめ、世界で活躍するトップモデルや次世代を担う経営者、ビジネスパーソン、ベストセラー作家など、1万人以上の夢の実現や目標を達成するのをサポートしてきた、メンタルコーチの大平信孝氏。『たった1枚の紙で「続かない」「やりたくない」「自信がない」がなくなる』の著者でもある同氏が、やる気が続かなかったり、自信がない人になぜか共通する口癖について解説します。

せっかく気分を切り替えられるタイミングなのに

平成最後の12月も、もう残すところあとわずか。あっという間に年末になってしまったと感じている方も多いのではないでしょうか。

なかには、1年を振り返ってみて「もっとあれをしておけばよかった」「年内にやるべきことがいっぱいで、うんざり」「なんでいつもこうなんだろう」という思いの人もいるかと思います。来年も頑張ろうと特別な雰囲気をやる気に変えられる人もいますが、1年を振り返ったり、来年のことを考えたりするだけでドーンと落ち込んで、やる気を失う人も存在します。せっかくの気分を切り替えられるタイミングで、気分が落ち込んでしまうわけです。

ものごとがうまくいかない最大の原因の1つは、やる気が続かないことにあります。1度やる気が下がると、負の連鎖がおきます。「やるべきことを後回しにしてしまう」「集中力が切れて結局ダラダラしてしまう」「嫌なことが頭から離れずほかのことに取りかかれない」「失敗すると途方もなく落ち込んでしまう」「せっかくはじめた新しい習慣が続かない」といったことが起こるのです。

そして、やる気を失い、悩み出します。すると本当にやりたかったことや自分の好きなことすらできなくなり、ますます気持ちは落ち込み、さらにネガティブになってしまうのです。

私は、目標実現の専門家として1万人以上の方々の夢や目標の加速実現をサポートする機会に恵まれました。その中には、オリンピック選手をはじめ、世界で活躍するトップモデル、次世代を担う経営者、ビジネスパーソン、ベストセラー作家の方などがいます。

その方々のメンタル面をサポートしてきたことで得たさまざまな知見、最新脳科学・アドラー心理学などをベースに、「やる気や自信がない」と悩む方々のサポートをし、わかったことがあります。それは、あなたのやる気がなかなか出ないのは、あなたの性格が原因ではない。ましてや、あなたの能力が劣っているわけでもないということです。あなたの性格や能力と、やる気や自信の有無とは関係がないのです。

次ページやる気を奪う原因は実はあなたの何げない言葉だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。